おしゃべり本棚

土曜 17:20
「ようか月の晩」 宮本百合子 作

「ようか月の晩」 宮本百合子 作

真っ暗な横丁の片隅にひっそりと暮らすお婆さん。一本の針で綺麗な模様を縫いだす特技を持ち、「一本針のお婆さん」と呼ばれていました。
ある日、王女様の婚礼で着る着物を縫ってほしいと言われ、90日間かけて縫い上げた着物はとても美しく、王女も着たまま人魚にでもなってしまうのではないかと思うほどでした。
(感想)
出来上がった王女様の着物の表現が美しく、「バラ色の光線」や「若い樹の鮮やかな黒線」、「平和な焔色のきらめき」など想像しながら聞いて頂けると嬉しいです。
11月26日放送 担当:池尻和佳子

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.11.12
  • 趣味
  • ラジオ
2022.10.12
  • 趣味
  • ラジオ
2022.09.17
  • 趣味
  • ラジオ

番組SNS

  • Radiko
番組
SNS
  • Radiko