PageTopButton

財津和夫、贈られて好きなものは「愛」と答える

ラジオ
TULIP・財津和夫が、時にはオチャラケながらその後すぐ真面目に話しだしたりする『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』。今回は、財津と武田アナのプレゼントに関する思いが窺えることに。

いよいよ7月まで

TULUPの50周年ツアーは冬の間小休止していたが、今月末再開される。まずは7月のラストまで完走してくださいね、というリスナーのメッセージに「(以前の放送で)『続くよ、最後じゃないよ』と言いましたけど・・・TULIPのツアーはこれが最後で、(そのあとは)ソロコンサートやら、ひょっとしたら80歳になったメンバーが集まって一日やってみようか、みたい事はあるかもしれないな。そんな予定でございます」と穏やかに今後の展望を含めて語る財津。
各地で「ラストステージ」を心待ちにしているファンのためにも、4か月(15週)を切る期間で残り18ステージというハードなスケジュールを無事乗り切って欲しい。ツアーに参加されたリスナーの皆さん、また是非とも感想を番組までお寄せください。

あなたは「金の延べ棒」と「愛」どちらを選ぶ?

リスナーからの「プレゼントを貰うことと渡すことどちらが好きか」という質問にふたりが答える。

武田アナは、渡す方が好き。理由は、相手がどっちの色がより好きだろうとか、どうしたら喜んでくれるのかを想像している時間が楽しいから。相手が嫌いなものを渡さずに済むよう、周りの人に聞いて徹底的に調べるのが武田流のようだ。
財津は、貰う方が好き。お金か金の延べ棒、と間髪入れずに答える。本音を語る番組です、と財津が常々言うものの、これは茶目っ気たっぷりの回答。失笑の武田アナから、他にないですか、と促されると財津が一転して「愛かな。愛は本当に大切ですよ。愛はいろんなものに形を変えてやって来る。だから『あ、これって愛じゃないのかな』と見抜かなきゃいけない。武田さんが渡したプレゼントの中にもおそらく愛がいっぱい詰まっている。貰った人はそれを『あ、愛だな』と思って受け止めているんじゃないですか。そう思うと、渡すことがさらにうれしくなりますよね」と真面目トークに。「受け取るときにも、これは愛だなって思わないといけないですね」と武田アナも今度は納得のようだ。

今日の一曲は、財津和夫「切手のないおくりもの」。1977年(昭和52年)に発表され、翌1978年はNHKのみんなのうたで放送。大きな反響を呼び、財津自身も何度かリメイクし、また多くの歌手によるカバーバージョンが競作されている、ある意味異色の財津作品である。

次回の放送3月26日も、通常通り18時15分(午後6時15分)から。
「大丈夫」という言葉が持つ不思議な力についてお話しします。