博多さっぱそうらん記

月~金曜 14:25 / 土曜 7:00

加隈亜衣・主演「博多さっぱそうらん記」ダイジェスト

第二話「玉せせり」その6~10

年があけて、プロジェクトの会合が予定されていたものの、委員たちが姿を見せない。なぜか、福岡市内にゴミがあふれて交通が麻痺し、委員たちが全く集まらないのだ。福岡市のゴミ収集は、全国でも珍しく、深夜に行われる。だが、その夜中のゴミ収集がうまく機能せず、道路までゴミ袋であふれ、都市機能が麻痺してしまっていた。博は、会長から、ゴミ問題の解決をするように命じられる。実際の所、解決しなければ、会議どころではなかった。

 

 博とかなめは、深夜のゴミ収集を監視することに。すると、夜になるとゴミ収集車が忽然と消えてしまうという事態が判明する。なぜか、ゴミ収集には向かわず、博多の街を爆走するゴミ収集車がいた。背中に羽が生えている。飾り山巡行をしていた「ハンの者」たちかと思ったが、羽が違った。彼らの羽は右側だけで、それはいびつな蝶の羽のようでもあった。そして彼らは一様に、「博多にわか」のお面をしていた。いつのまにか、二人は「羽片」世界に入り込んでいたのだ。ゴミ収集車に轢かれそうになり、二人は思わず手を繋いだ。その瞬間、あの「声」が聞こえてきた。

「ハンの者たちを勝利に導け」

 彼らを追いかけるように、「ハンの者」たちが乗ったゴミ収集車が現れた。「ハンの者」によると、彼らは、自らを「カタハネ」と名乗り、「ハンの者」とは逆に、「博多市の怨念」を使って、「博多市」を実現しようとしているというのだ。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容