ドン・キホーテ台湾1号店OPEN編!RKB海外戦略特派員の現地レポート

ドン・キホーテ台湾1号店OPEN編!RKB海外戦略特派員の現地レポート

今週は台湾から劉特派員が、1月にオープンしたドン・キホーテ台湾1号店についてレポートをお届けします!

1月19日、日本発のディスカウントストアであるドン・キホーテの台湾1号店「DON DON DONKI西門店」が台北の若者の街・西門町にオープンしました。お店は予想通りの大人気!新型コロナウィルスの影響で自由に日本へ行くことが出来ないため、「日本ロス」を埋めるが如く多くの人が来店し上々のスタートを切りました。

オープン数日後に「DON DON DONKI西門店」へ訪れると、店の外には長蛇の列!ようやく店内に入り買い物ができたと思ったら、会計でまたまた長い列。報道を見て昼間の来店を諦め、夜中であれば空いているだろうと思ったら大間違い。24時間営業のため、客は台北市内だけでなく、仕事終わりに台北市郊外から、更には台湾・南部からわざわざ来る人もいます。

3階立ての店内には、生活雑貨のみならず、果物や野菜、肉なども売られています。食品フロアとなっている2階には、「日本産」・「日本直送」などの看板が至る所にあり、熊本産のイチゴ、青森産のりんご、北海道産のかに、和牛など、日本各地の特産品が揃っています。日本人のお客さんも多く、野菜を選んでいる主婦やアルコール類の値段をチェックする家族を見かけました。台湾人だけでなく、自由に帰国出来ない日本人にとってもドン・キホーテの食品フロアはありがたい存在になっているのかもしれません。

出来立てのお惣菜も大人気。何かを待っている様子のお客さんが気になり寄ってみると、おにぎりやカツ丼、焼きうどんが並んでいます。電子レンジが設置された飲食スペースもあるので、購入したお惣菜をすぐに食べているお客さんも見受けられます。また、店外では、焼き芋、焼きそば、お好み焼きなどを楽しむことも出来ます。

ドン・キホーテの海外店舗では、新型コロナウィルスの影響で訪日できない外国人のために、日本から直送された新鮮な食材を販売しており、日本の特産品の新たな輸出ルートになっている様です。

一方で、隣接する桃園市の病院で初めて医師の新型コロナウィルス感染が確認され、国内感染者が増加していたため、ドン・キホーテ店内での密集に懸念の声も上がっていました。中央感染症防疫センター指揮官・鉄人部長は「これほど盛況であれば、お店をすぐに閉めることはないので、今急いで行く必要はありません。」と定例会見で呼び掛ける程でした。これを機に、新型コロナウィルス感染拡大対策が強化され、現在(3月2日時点)も、店内ではマスク着用、入店時の手指消毒の徹底など対策が施されています。

#台湾 #ドン・キホーテ #DONDONDONKI #DONDONDONKITW #RKBASIA #劉汝真
Facebook:RKB ASIA

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE