オランダのもうひとつのクリスマス「シンタクラウス」!RKB海外戦略特派員現地レポート

オランダのもうひとつのクリスマス「シンタクラウス」!RKB海外戦略特派員現地レポート

もうすぐクリスマス! わくわくしますね。
みなさん、オランダにはクリスマスが2回あるって知っていますか?
クリスマスと言えば「サンタクロース」ですが、オランダのもうひとつのクリスマスの主人公が「シンタクラウス」です。「サンタ」ではなく「シンタ」!
実はシンタクラウスは、私たちがよく知っているサンタクロースのもとになったと言われています。

シンタクラウスは一大国家イベント!

シンタクラウスイベントは11月中旬から始まります。
シンタクラウスは、北極でも北欧でもなく、スペインからやって来ます。白馬とお供のピートを連れて、そりではなく、なんと船に乗って来るのです。
そしてオランダに着くと、毎日街中で子どもたちにお菓子を配り、毎晩家々にお菓子を届けます。
そうやって2週間もの間オランダに滞在した後、いよいよ12月5日の夜、各家庭の子どもたちにプレゼントを置いてシンタクラウスは帰って行くのです。

「なんかサンタクロースの偽物みたーい」なんて思ったあなた! これを単純な子ども騙しと侮るなかれ。
シンタクラウスは、オランダ全国家を挙げて、全国民が一丸となって、全力で子どもたちを楽しませる、いわば国の一大イベントなのです!

シンタクラウスジャーナル

毎年、シンタがスペインを出発する11月10日頃になると、オランダでは『シンタクラウスジャーナル』なるテレビ番組が始まります。これはこの期間、毎日その日のシンタ情報を子どもたちに伝える、シンタ専門の子ども向けニュース番組。内容は、「今日のシンタはどこそこを走っています」とか、「シンタが到着する街から中継です!」とか、そんな具合です。

これがとんでもない力の入れようで、ある年には、この番組のためになんと本物の鉄道のダイヤを変更してシンタたちが乗る特別列車を走らせ、それをわざわざ空撮まで行い、ライブ中継したことも。
この大人たちの全力演出を子どもたちは毎日見ているわけですから、もうすっかり真剣そのもの、夢中です。シンタがやって来るのをみんな、今や遅しと楽しみに待ち焦がれているのです。

さて晴れてシンタがオランダに到着すると、各都市に現れるシンタを毎年市長さん自らお出迎えし、歓迎パレードや街を挙げての大イベントを行います。その様子もまたテレビで生中継され、とにかく国中が大盛り上がりです。

シンタがオランダにやって来た!

シンタは12月5日まで2週間ほどオランダに滞在するのですが、その間街中で子どもたちにお菓子を配ります。お供のピートも至るところに出没し、同じくお菓子を配って回ります。
そのお菓子の代表的なものが「ペーパーノーテン」という、小さくて丸いクッキーのようなもの。

これは11月に入ったあたりから街のお店にも出てきます。
そしてシンタの曲があちこちで流れ出し、子どもたちがみんな歌います。
こんなふうにこの時期はオランダの街中がシンタ一色になるのです。

シンタが来てから帰って行くまでのおよそ2週間、子どもたちは毎晩のように靴にニンジンを入れて眠る習わしがあります。というのも、シンタが乗る白馬の餌がニンジンで、家に来てもらうためにそうするんですね。

その夜無事シンタが来てくれた場合は、翌朝ニンジンがなくなっている代わりにお菓子やプレゼントがあるのです。

そうしていよいよ最終日、12月5日の夜。シンタは子供たちにたくさんのプレゼントを置いて、スペインへと帰って行きます。最近は煙突がないので、家々のドアをノックした音が聞こえて見に行くと、玄関の前に大きなズタ袋に入ったプレゼントが置かれていることが多いです。

これらも全てもちろん、お気付きかと思いますが…、子どもたちを徹底的に楽しませる、シンタクロースと大人たちの全力演出なのです!

ちなみにシンタクロースが帰って行った後は、オランダもサンタクロースのクリスマスモードに早変わりです。

クリスマスが2回あるなんて羨ましい限りですが、大人たちにとってはちょっと大変な季節かもしれませんね。
それでも国を挙げて全力で子どもたちを幸せな気持ちにさせちゃうオランダ、とっても素敵だと思いませんか?

(レポート:吉田 和充、文:軽部 明香里)

#オランダ #シンタクラウス #もうひとつのクリスマス #白馬 #ピート #シンタクラウスジャーナル #シンタ #ペーパーノーテン #靴にニンジン #お菓子 #プレゼント #吉田和充 #軽部明香里 #RKBASIA
facebook.com/RKBGLOBALMEDIA/

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE