立川生志 金サイト

金曜 6:30
『笑点Jr.』の元メンバー・立川生志が自身のラジオ番組で大喜利の司会者に

『笑点Jr.』の元メンバー・立川生志が自身のラジオ番組で大喜利の司会者に

落語家がメインパーソナリティを務めるラジオ番組は全国津々浦々あるが、番組内で落語を毎回演じている番組は少ないのではないだろうか。そんな中、福岡・RKBラジオの『立川生志金サイト』(金6:30~10:00)は、毎週新作落語と大喜利のコーナーを放送している異色の番組だ。メインパーソナリティーは『笑点』(日本テレビ)の初代司会者でもある大御所・立川談志に師事し、自身も『笑点Jr.』(日テレプラス)で若手大喜利メンバーだった福岡県出身の立川生志。大喜利は「生志が採点、略して生点(しょうてん)」と銘打ち、リスナーがお題に沿ってネタを投稿するスタイルを取っている。

10月1日のお題は「○○が長くなりました」。司会者が「どうなりました?」と聞くので、さらに答えを用意する、という大喜利の王道パターン。実際に放送された作品は…。

「きゅうりが長くなりました」
「どうなりました?」
「ヘチマになりました」
(トマトポタージュ)

立川生志(以下、生志):ならねぇし!それは長いきゅうりだから。ヘチマでもズッキーニでもではありません。きゅうりは長かろうが小さかろうがきゅうりです。こういうくだらないのがいいです。

「家外飲みができず、おまけに残暑で家飲みが長くなりました」
「どうなりました?」
「ビールが発泡酒になりましたが、1日2本にしていただけました」
(パパのパパ)

生志)丁寧だね、下からだね。「発泡酒ではあるけれども、2本いただけるならありがたいや」っていうね。切実ですね。

「生志師匠の鼻の下が長くなりました」
「どうなりました?」
「いつもと同じです」
(山崎さん)

生志)おい!なんだよそりゃ。いつもと同じって知ってるのかね?

「入院が長くなりました」
「どうなりました?」
「食事制限でダイエットできました」
(春日市の60代男性)

生志)あるよねー。ぼくも大病して入院して、10キロ近く痩せたもんね。

「コロナ生活が長くなりました」
「どうなりました?」
「借金を相殺してよ、新総裁」
(ブラック坂48)

生志)そうですよね。やっぱりいろいろ生活が大変な中、借金も増えている人もいると思います。なんとか経済対策お願いします。

「おじいちゃんの話が長くなりました」
「どうなりました?」
「今までは同じ話3回繰り返していましたが、最近は5回繰り返すようになりました」
(福々亭いぼ治)

生志)おじいちゃん大丈夫?でも元気な証拠だから。それだけ喋るスタミナがあるということだから、結構なことです。

「寿命が長くなりました」
「どうなりました?」
「知り合いがいなくなりました」
(およよマン)

生志)これ、だんだんお仲間がね。寂しいことだろうね。

「鼻毛が長くなりました」
「どうなりました?」
「もうすぐ顎まで届きそうです」
(鼻毛が気になるお年頃)

生志)切ってください(笑)もうひとつ、同じ方から。

「鼻毛が長くなりました」
「どうなりました?」
「肩まで伸びたので、結婚しようよ」
(鼻毛が気になるお年頃)

生志)それは髪の毛!鼻毛じゃないから。吉田拓郎の歌ね。鼻毛が肩まで伸びるって、そんな奴と結婚したくないですよ。

次回、10月8日のお題は「緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ海外旅行に行ったりはできませんよね。そこでいろんな国の名前が似た国を考えて妄想しながら楽しみましょう。ということで、実在する国名(アメリカや日本など)に似ています、と言ってください。『どんな国ですか?』と聞くので、その国の特色とその国の名前を教えてください」とのこと。

(例1)
「ドバイに似た国です」
「どんな国ですか?」
「物価が高くて、日本で100円のものが500円もするんですよ。ゴバイ」

(例2)
「クロアチアに似た国です」
「どんな国ですか?」
「お湯の温度が43度なんですよ。フロアッチィヤ~!」

応募は一人何作でも可能。メールkin@rkbr.jpやツイッター、インスタグラムなどで募集している。

金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.08.12
  • 暮らし
  • ラジオ

番組SNS

  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
番組
SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE