櫻井浩二インサイト

月~木曜 6:30
番組SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram
初の平成生まれ代議士・馬場雄基「福島の復興は自分たちの代で成し遂げる」

初の平成生まれ代議士・馬場雄基「福島の復興は自分たちの代で成し遂げる」

去年10月の衆院選・比例東北ブロックで初当選した馬場雄基衆院議員は、初の平成生まれ・全国最年少29歳の国会議員として注目を集めた。通常国会が17日に開幕するのを前に、RKBラジオ『櫻井浩二インサイト』に出演した馬場氏は「責任を持つ世代として、なんとしても自分たちの代で福島の復興を成し遂げる」と決意を語った。

櫻井浩二アナウンサー(以下、櫻井):そもそも馬場さんが国会議員を目指した理由は何ですか。

 

馬場雄基衆院議員(以下、馬場):出身地である福島の復興を何が何でも実現していきたいという思いで(出馬しました)。議員になる前は、松下政経塾で政治と経営を学びながら「福島の復興をなんとしてもやりたい、まずは現場から」と訴えていました。今回、(出馬の)要請をありがたくいただき、政治の方から変えていこうという思いです。

 

櫻井:福島の復興について「変えていきたい」とはどんなことですか?

 

馬場:いろいろあります。まずは海洋放出の問題。そのあとには、2045年に節目を迎える中間貯蔵施設の問題もありますし、さらに燃料デブリの問題もあります。どれか一つというわけではなくて、関係した方々が1日でも早く、昨日よりも今日、今日よりも明日をしっかりと歩み続けることのできる環境を、政治的に作っていかなければいけないという思いです。

 

櫻井:汚染水の海洋放出に関しては、地元の漁業関係者は本当に不安でしょうからね。

 

馬場:そういう声もたくさん伺いますし、一方で貯まり続けるタンクを不安視する声もたくさん伺っています。何よりも大切なのは対話と、そして適切な情報公開。この2つをしっかりと両面セットで進めていかなくてはならないと思っています。ただ、対話といっても、具体的に相手は誰なのか。関係者、縁がある人といっても、福島から離れている方々もたくさんいらっしゃるわけで、さらに言うと、風評被害は福島1か所だけの問題ではなく、複数の自治体にまたがって影響します。「この場所だけがいい」ということで済まないのが、復興の難しさを表しているのではないかなと思っています。

 

櫻井:最後に、馬場さんが将来目指すところは?

 

馬場:復興は長くかかる問題ですから、責任を持って取り組める場所にずっといたいと思っていますし、志高く、皆さんと一緒に挑めるような環境を自分なりに作っていきたいと思っています。

 

櫻井:大臣を目指すとか、総理になりたいというのは?

 

馬場:志は高くいたいですがまずは復興に携わりたいと思っています。絶対に次の代には誤ったあり方で受け渡したくないので、しっかりと責任を持つ世代として取り組んでいきたいと思っています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.01.27
  • 暮らし
  • ラジオ
番組
SNS
  • Radiko
  • Twitter
  • Instagram