RKBドキュメンタリー映画祭 ペア招待「苦海浄土」

RKBドキュメンタリー映画祭 ペア招待「苦海浄土」

RKBドキュメンタリー映画祭

RKB毎日放送は、創立70周年を記念して、3月24日から4日間にわたり、TBSテレビと共同で、計25作品のテレビドキュメンタリーを西南学院大学で無料上映します。キー局のTBSテレビが、系列ローカル局と合同で映画祭を開催するのは初めてのことです。一部の作品は上映後1週間、オンライン配信〔有料〕で視聴可能です。

苦海浄土
上映日:3月24日(木) 12:00

 

映画概要

受賞歴
文化庁芸術祭 大賞

 
「文句があるなら、自分の親に、子に、妻に、水銀を飲ませてみろ。そうすればこの地獄が分かる」――。村野タマノは、夫との漁に出ている最中に船の上で痺れと痙攣で意識を失った。一命を取り留めたものの学術用患者として収容される。

彼女は、水俣病認定37号患者となった。入院中に知らされぬまま夫に離婚され、今も水俣の精神病院で療養中である。認定されないが症状がある息子と、胎児性水俣病の孫と共に暮らす老婆など。石牟礼道子の同名小説を原作に、北林谷栄ふんする琵琶瞽女(ごぜ)が水俣の町を彷徨い歩き、水俣病患者や遺族に寄り添う。

不知火海の漁業で生きてきた彼らの海への愛や、水俣病に苦しめられながらも懸命に生きる様を描き出す。その一方で、公害の原因となったチッソやその恩恵にあずかる市民との確執が、彼らの苦しみをより一層深くしていた。その苦しみと憤りが迫力の水俣言葉のナレーションによって吐き出される。

監督プロフィール


伝説のドキュメンタリスト 木村栄文(1935〜2011)
1935(昭和10)年、福岡市生まれ。1959年に西南学院大学商学部を卒業後、RKB毎日放送に入社。1966年にテレビ局テレビ演出部に異動し、ドキュメンタリー番組の制作活動を開始した。多彩なテーマと自由奔放な作風で、数多くのドキュメンタリー番組を制作。文化庁芸術祭賞、ギャラクシー賞、放送文化基金賞、日本民間放送連盟賞など、数多くのテレビ賞を受賞したことから「賞獲り男」と呼ばれた。

また『窓をあけて九州』や『電撃黒潮隊』のプロデューサーとしてJNN九州の後進を育成したほか、局の垣根を越えて「九州放送映像祭」を毎年開催するなど、地域の制作者たちにも広く影響を与えた。

1994年には、民放の制作者として初めてNHK衛星第2で『木村栄文の世界』と題した特集が組まれた。個人として、芸術選奨新人賞(1975)、放送文化基金賞(1988)、日本記者クラブ賞(1995)、紫綬褒章(2002)などを受賞。2003年にRKB毎日放送を退社。2006年には、NHK「ETV特集」で、「もういちどつくりたい ~木村栄文の世界」(渡辺考ディレクター)が放送される(2013年、番組と同名の評伝を渡辺が講談社から刊行した)。

2011年3月22日、心不全のため逝去(享年76)。翌2012年には、「公開講座 木村栄文レトロスペクティブ」と題して大規模な回顧上映が東京・大阪などで催された。

制作年、制作スタッフ

制作・時間
1970年、49分
石牟礼道子
撮影
木下淳介、大江泰弘
編集
粟村皓司
音声
小野宏行、井上義信
ごぜ・語り・出演
北林谷栄
語り
今福正雄

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

PR