ニホンミツバチの巣箱作り~SDGsと生物多様性 福岡・早良区

2022年2月23日放送

RKBでは、去年からニホンミツバチの養蜂に取り組んでいます。

3月にも始まる分蜂、いわゆる引っ越しに備え追加の巣箱を作りました。

福岡市早良区曲渕の養蜂家・松山國寛さんの作業場には、筑紫女学園大学の「みつばちクラブ」の学生など12人が集まりました。

松山さんの指導のもと、電動ノコギリやノミなどを使って、巣箱用の板を削っていきます。

当日の最高気温は7.1℃で、小雪の舞う厳しい寒さの中、12個の巣箱を約5時間かけて作りました。

RKBでは創立70周年の記念企画として、SDGsに関連する生物多様性を学ぼうと、ニホンミツバチの養蜂に去年から取り組んでいます。

現在、3群のニホンミツバチを養蜂していますが、今年は、さらに数を増やし採蜜を行うことにしています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE