「タダイマ!」の宮脇です|アナウンサーコラム

「タダイマ!」の宮脇です|アナウンサーコラム

正直、本当に驚いた。これまで10年ほどスポーツ中継を中心に取り組んできたが、この春から平日の午後3時40分から放送中の「タダイマ!」を担当することになった。担当替えを告げられた際に、どうして私なのか気になった。番組責任者に聞いたところ、「脇が甘いところがいいと思った」と返ってきた。脇の甘さをほめられたのは初めてだ。番組の司会者はどんな時でも冷静に進行していくイメージだったが、どうやら私はそうではなくてもいいらしい。こうなったら、とことん自然体でいかせてもらおうと決めた。

それにしても、毎日のミーティングの多さにびっくりした。番組冒頭の看板コーナー「ギュッと!ニュース」の打ち合わせが朝9時。9時半はニュースもスポーツも合わせたその日の取材全体、11時は情報パートの打ち合わせ……。放送が始まるまでに何と、7回も! 細部に至るまで内容を詰めていき、制作者の熱意を十分に吸収してから本番に臨むので、必要以上に張り切ってしまう。その結果、空回りしてしまうことが多くなっているが、どうか大目に見ていただきたい。

福岡・佐賀エリアは、夕方生番組の大激戦区と言われているらしい。「タダイマ!」をもっと好きになってもらえるように日々、脇も心も開放しながら全力で取り組んでいきたいと思う。

4月16日(土)毎日新聞掲載



宮脇 憲一
RKBアナウンサー。 三重県四日市市出身。

【担当番組】
テレビ:タダイマ! 超科学アイドルメディアHKTV!
ラジオ:エキサイトホークス おしゃべり本棚

日曜劇場『オールドルーキー』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE