PageTopButton

新型コロナ感染者数が増加 福岡県内は1医療機関あたりの数が初の20人超え

新型コロナウイルスについて、福岡県が発表した1週間の定点把握の感染者数は前の週の1.16倍に増え、1医療機関あたりの数が初めて20人を超えました。

福岡県は1医療機関あたり21.64人

福岡県によりますと、7月24日から30日までに県内198の医療機関から報告された新型コロナの感染者は、前の週より584人増加して4284人でした。1医療機関あたりでは21.64人と、初めて20人を超えました。1週間の感染者数について、定点把握が始まった最初の週は475人でした。今回は4284人と9.2倍に増えています。

佐賀県も前週の1.16倍に

一方、佐賀県では39の医療機関から1240人の感染報告があり、1医療機関あたり31.79人と前の週の1.16倍に増えています。

「インフルエンザなら警報レベル」福岡市医師会


新型コロナをめぐっては、福岡市医師会が2日の定例会見で「インフルエンザなら警報レベル」と、感染者の増加に懸念を示しています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」