PageTopButton

インフルは「注意報」レベル、新型コロナは減少傾向が続く-福岡

ニュース医療新型コロナ
福岡県は26日、感染症の発生動向を発表しました。インフルエンザは注意報レベルの流行が続いていますが、新型コロナウイルスの感染者数は、減少傾向が続いています。

◆インフルは“注意報基準”
福岡県によりますと今月22日までの1週間の定点あたりのインフルエンザの報告数は15.92人で前の週より4.13人増えました。注意報の基準である10人を超える状況が続いていいます。


◆新型コロナの減少傾向が続く
福岡県は基本的な感染対策の徹底やワクチン接種の検討を呼びかけています。一方、新型コロナウイルスの定点あたりの報告数は2.29人で、減少傾向が続いています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」

ニュース

もっと見る