PageTopButton

1年中インフルエンザが流行した年に 「薬不足」と「冬」に二重リスクの不安

ニュース新型コロナ

インフルエンザの流行が続いています。専門家は、さらに感染者が増える可能性を指摘しています。

定点あたりの報告数11.79人

 

福岡県によりますと10月15日までの1週間の定点あたりのインフルエンザの報告数は11.79人で前の週より1.03人増えました。3週続けて注意報の基準である10人を超えています。福岡県は基本的な感染対策の徹底やワクチン接種の検討を呼びかけています。
 

学級閉鎖も相次ぐ

福岡県内の小中学校などでは、インフルエンザによる学級閉鎖も相次いでいます。なぜ例年より早く流行しているのでしょうか?

 


北九州市立八幡病院 伊藤重彦名誉院長
「今年は4月、5月になってもインフルエンザが思った以上に下がらなくて、むしろその時期からインフルエンザが流行した。感染者が多い時期は飛沫感染が広がっていって感染者が継続するということですから、今年は継続して1年中インフルエンザが流行した年ということになるわけですね。また再流行していく時期に入るわけですから、もっとインフルエンザが増えていくという可能性は十分あると思います」

新型コロナ 再び増加するおそれも

 

一方、新型コロナの定点あたりの報告数は2.83人と5週続けて前の週を下回っていますが、寒くなれば、再び増加する恐れもあります。これから冬に向けて感染対策はより重要になってきます。

北九州市立八幡病院 伊藤重彦名誉院長
「少し距離をあける、喉が荒れやすい手が荒れやすい時期ですので保温・湿潤そういうことに気を付ける、換気をそれなりに継続していただく」

深刻な薬不足に「自転車操業」

 

一方、今、深刻な問題となっているのがせき止めやたんをきる薬の不足です。

平和調剤薬局 柴山和弘さん
「せき止めとか去痰薬は注文すると次の日には入ってきていたが2~3週間納期が遅れたり。せき止めが2、3種類あるんですけど1種類がなくなって次のを使ってまた入ってきたらそっちに切り替えて自転車操業的です」

国は年内に主要な製薬メーカーに薬の増産を要請し、供給量が1割以上増える見通しですが、薬局は「不安」を感じています。

 


平和調剤薬局 柴山和弘さん
「どこまでメーカーさんができるのかまだ分からないのでわれわれも不安になりますね。1割増でもちょっと厳しいんじゃないか」

薬不足という大きなリスクを抱えた状態で冬が近づこうとしています。
 

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

ニュース

もっと見る