PageTopButton

走行中の列車内で重さ5キロの金属製カバー落下 ネジの締め忘れが原因 けが人なし JR筑豊線

4日夕方、JR筑豊線の上穂波駅~筑前内野駅間を走行中の列車内で重さ約5キロの金属製のカバーが落下しました。 けが人はいませんでした。

4日午後6時ごろ、JR筑豊線上穂波駅~筑前内野駅間を走行中していた列車の運転士が、何かが落下する音を確認しました。

運転士が、筑前内野駅に到着後に車内を確認したところ、ドアの開閉装置の金属製のカバーが落下していたということです。

落下したのは、列車内すべてのドアの上(高さ1メートル80センチ)に設置されている縦41センチ、横1メートル17センチ、重さ約5キロの金属製のカバーで、この事故によるけが人はいませんでした。

JR九州によりますと、列車の運行前に係員が金属製カバーの点検を実施した際、落下したカバーのネジを締め忘れていたということです。

JR九州は「再発防止に努めてまいります」とコメントしています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」
radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」