山笠お汐井とり 10日から3年ぶり舁き山行事 15日の追い山笠でクライマックス迎える

博多祇園山笠の舁き山笠がいよいよ動き出すのを前に、参加する舁き手の男たちが祭りの安全を祈願するお汐井とりが行われました。
水法被と締め込み姿で勇壮に走る男たち。
福岡市東区の箱崎浜には9日の夕方、今年の一番山笠、恵比須流を先頭に全ての流の舁き手が集まりました。
男たちは海に向かって一礼した後、浜辺に用意された清めの砂「お汐井」を、「てぼ」と呼ばれる竹を編んだかごに入れていました。
博多祇園山笠は、新型コロナの影響で舁き山笠の行事が延期され、すべての行事を実施するのは3年ぶりです。
10日の流舁きでいよいよ舁き山笠が動き出し、今月15日の追い山笠でクライマックスを迎えます。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE