PageTopButton

「おむつを噛みちぎって繁殖した」50匹のミニチュアダックスを遺棄?40代夫婦“ペット溺愛”の末路

ニュース
今年7月、SNSで奇妙な動画が拡散した。夜道、車のヘッドライトに照らされ浮かび上がったのは、申し訳なさそうによちよちと歩く数匹のミニチュアダックスフントだ。お腹を空かせているのだろうか、鼻先を土にこすり、餌がないか地面をを探っているようにも見える。首輪はなく近くに飼い主もいない。どこへ向かうでもなく、道路脇のやぶをただただ犬だけがさまよっていた。

短足胴長、垂れ耳が愛らしいミニチュアダックスフントのショップでの“相場”は30万円前後。動画には少なくとも6匹が確認できる。仮に店頭で売買されれば180万円相当に上る計算だ。にも関わらず、犬が捨てられたのは明らかだった―。


◆捜査線に浮上したのは福岡県の40代夫婦
ペットとして人気の犬が同時に何匹もさまよっている“異様”な場面に遭遇した人は、すぐに警察に通報した。仮に飼い主が道に捨てたのであれば、動物愛護法に違反するおそれがあるからだ。

通報をうけた警察は聞き込みを進め、“遺棄現場”につながる道路の防犯カメラなどに手がかりが残されていないか洗った。

動画が撮影されたのは、福岡県宗像市冨地原の県道。捜査線に浮上したのは20キロほど離れた北九州市戸畑区に住む40代の夫婦だった。

任意の事情聴取を経て、夫婦はまず9匹のミニチュアダックスフントを道に放置した疑いで9月29日に逮捕された。そして、別の19匹を夫婦が住む北九州市戸畑区内の公園などに捨てたとして約2週間後の10月14日に追送検された。いずれの容疑も認めているという。


◆好きが故に・・・ペット好きの悲哀“多頭飼育崩壊”
警察によると、立件を見送ったものも含めると、夫婦は計50匹以上のミニチュアダックスフントを遺棄したとみられている。これだけの数の人気の犬種がどこから来たのか?答えは、夫婦の自宅で繁殖したものだった。

「えさ代が月に13万円かかっていました」警察の事情聴取に夫婦が語った。インターネットで飼い主を募ったものの、犬が高齢だったため引き取り手は現れなかったという。

「多頭飼育崩壊だったのでは・・・」捜査員は直感した。


◆おむつで“避妊”するも「噛みちぎった」
ペットをこよなく愛していたはずの夫婦が、山道に捨てた疑いが持たれるほどの“犬の敵”に転落した経緯を捜査関係者が詳しく明かした。

妻が最初にミニチュアダックスフントを飼ったのは20年前に遡る。雄の1頭だった。2年後に今の夫と結婚。その後、ミニチュアダックスだけを迎え入れ続けた結果、2011年ごろには30匹を数えるようになっていた。一般の家庭で飼える数でないことは明らかだ。

「はじめは繁殖しないようにおむつをしていました」

“おむつ”による避妊が長続きするはずもない。夫婦はさらに続ける。

「おむつを噛みちぎって繁殖行為をはじめ、手に負えないと感じました」


◆“蒸し風呂”のアパートに50匹
北九州市戸畑区にやや入り組んだ路地が走る住宅街がある。少し歩けば「大通り」の国道3号につきあたり、陸上競技場や美術館もある。夫婦は戸建てが密集するこの地区のアパートの1室に暮らしていた。

供述によると、50匹を超えるミニチュアダックスフントが室内で“放し飼い”されていた。部屋にはレジャーシートが敷かれ、夫婦はそこに餌をばらまいていた。近所からはたびたび臭いや騒音の苦情が寄せられた。そんな近所の目を気にしてか、夫婦は散歩はさせていなかった。

「夫は日払いの給料を受け取る仕事で妻は無職。裕福ではないはずだ」先出の捜査関係者は話す。

2022年5月にはエアコンが故障した。その後は、窓を閉め切ったまま夏を過ごした。50匹を超える犬が室内でせわせわと動き回り、しかも“蒸し風呂”だというのだから、そこで生活する厳しさは想像に難くない。“限界”はほどなくして訪れた。

「捨てよう―」妻が切り出し、夫も同意した。こうして飼い主の手に負えなくなったミニチュアダックスフントたちは無責任にも外に放置されることが決まった。

夫婦は段ボールなどにダックスフントを入れ、福岡県の北部を中心に人気の無い側道や公園に次々に捨てたとされている。これまでに警察は57匹のダックスフントを保護した。


◆それでも手元に残した1匹がいた
無情にも50匹を超える犬が捨てられた今回の事件。夫婦の自宅を訪れた捜査員が目にしたのは、最後に残った1匹のミニチュアダックスフントだった。「この子は溺愛していたんです」と説明された。ほかの犬は捨てられても、どうしても手放せなかった犬だ。何が特別だったのかはわかっていない。

ただ、無秩序な飼い方で異常繁殖させたあげく山や公園に捨てたことが事実であれば、そんな飼い主に“溺愛”された犬がふびんでならない。

唯一の救いは、保護された57匹すべての新しい飼い主が見つかり、新しい生活を始めたことだ。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう