PageTopButton

サッカーJ1「アビスパ福岡」得点力アップの鍵は佐藤凌我選手~開幕戦の相手はヴィッセル神戸

スポーツサッカー
サッカーJ1のアビスパ福岡とサガン鳥栖が、18日に開幕戦を迎えます。アビスパは去年、ゴール数がリーグワーストで、得点力アップのキーマン・佐藤凌我選手に期待がかかっています。

“得点力に期待”佐藤凌我選手

2020年に昇格を決め3年連続で、J1で戦うアビスパ福岡。新たなキャプテンは奈良竜樹選手です。
奈良竜樹キャプテン「いよいよ始まるんだなというワクワクと、厳しい戦いが始まるという気が引き締まる思い」
アビスパは去年、ゴール数がリーグワーストで終盤まで残留争いを余儀なくされました。得点力不足の解消に期待がかかるのが、新加入の佐藤凌我選手。去年まで在籍したJ2の東京ヴェルディでは、2年連続で二桁得点を挙げています。
佐藤凌我選手「試合に大きく絡むことと、その結果フォワードなので二桁得点というのは大きく目標を掲げて、チームのためにやりたいと思います」

“チームに刺激”井手口陽介選手

さらに、スコットランド・プレミアリーグのセルティックから期限付きで移籍した井手口陽介選手。海外でプレーしてきた経験は、チームに刺激を与えそうです。
井手口陽介選手「守備でボールを奪って、前に行ってゴールやアシストを決めるところが強みだと思う。そこを少しでも見せられたら」
18日の開幕戦は、敵地でスター軍団・ヴィッセル神戸と対戦するアビスパ。まずは初戦に勝ってシーズンに弾みをつけたいところです。

サガン鳥栖“U20日本代表に2選手”

一方、J1で12年目の戦いに挑むサガン鳥栖。今シーズンは15人の選手が新たに加わりました。毎年のように主力が流出していましたが、今年は軸となる選手が残留、去年のサッカーをベースにさらなる上積みが期待できそうです。
川井健太監督「手ごたえはあります。サポーターのみなさんがこの日を待っていたので、そういう気持ちをしっかり理解して戦いたい」
来月開催されるアジアカップのU20日本代表に2選手が選ばれるなど、若い力の勢いも十分。川井監督2年目のシーズンとなるサガン鳥栖はどんな戦いを見せてくれるでしょうか。開幕戦の相手は湘南ベルマーレです。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう