PageTopButton

日本国内売り上げ2兆5000億円超え!Amazon宅配事業の裏側

アマゾンジャパン・鳥栖FCにカメラが潜入!
ここは、九州の物流を担う拠点となっている。武田アナが中に入ると…驚くほどの品数!
ぺイペイドームと同じくらいの広さを誇る倉庫は、見渡す限り商品が棚に並んでいる。
担当者は、「地球上で最も豊富な品揃え」を目指していると意気込みを語る。
鳥栖FCは、従業員の働きやすさを意識したハイテクが随所に!
商品の棚出しは事前にプログラミングされた最短ルートで「時短」が図られている。
梱包作業はシンプルかつ迅速な作業工程となっており、働く側にとってやさしい設計がなされている。
 
スタッフは、取材場所を「吉塚デリバリーステーション」に変え取材を進める。
ここにも、従業員の働きやすさを追求した技術があった。
配送に関して素人でもすぐに仕事ができるように「アマゾンフレックス」というシステムを導入している。スマホアプリが、商品の情報や配送の最適ルートまで丁寧にナビゲートしてくれる。働く時間帯も選択可能だから「すきま時間」も勤務時間にすることができる。
老若男女、育児世代にも入り込みやすい仕事場を追及している。
Amazonのスピード宅配は、人が働きやすい技術を駆使することで、その効率を上げてユーザーのニーズにこたえていくことでなし得ていたサービスだった!

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」