まじもん!

水曜 19:00
【最強の飯テロ企画】第2弾! 地元のグルメ伝道師7人が選ぶ“福岡No.1グルメ”を食べ歩き

【最強の飯テロ企画】第2弾! 地元のグルメ伝道師7人が選ぶ“福岡No.1グルメ”を食べ歩き

福岡を代表する7人の食の伝道師が、マジで選んだ“福岡No.1グルメ”が登場。食通たちが選んだ究極の料理を味わうのは、グルメ芸人こがけん、DJ KOO、KAZMA(しずる)という異色のメンバーたち。いったいどんなグルメに出会い、どんな感動が生まれるのか?!

季節のフルーツを使った「NOOICE」のパフェ(中央区今泉)

おいしいグルメにたどり着くためのヒントは、7人の伝道師の「顔」写真だけ。食通芸人こがけんと、福岡を拠点に活動するアイドルグループ・LinQ・髙木悠未が体当たりでレポートします。

こがけんが1食目に選んだ伝道師は、2番の佐野隆さん。九州で初めてのチョコレートショップとして知られ、創業80年の歴史を持つ洋菓子専門店「チョコレートショップ」の2代目オーナーシェフです。

「県内のスイーツをほとんど全て制覇した」と話す佐野さんが、「嫉妬するほどおいしい」とおすすめするのは、福岡市中央区今泉にある「NOOICE」のパフェ。さっそくお店に向かいました。

この日味わったのは「桃とローズのパフェ」(1,980円)。桃を丸ごと使った、現代アートのような盛り付けが印象的です。「その時最もおいしい旬の桃を、全国から選んで仕入れています」とNOOICE代表・佐藤健一さん。

※桃パフェは8月で終了

濃厚なピスタチオアイスに、バラ香りをまとった上品なジュレ。アイドル髙木のユニークな食レポにも注目です。

なお、この日いただいた「桃とローズのパフェ」は8月で終了。今回は佐野さんのリクエストで特別にご準備いただきました。9月からは「モンブランパフェ」(1,480円)が登場します。

鮮度抜群! 「ふーずばー きんしゃい」(中央区春吉)の「ズリ刺」

次に選ばれた写真7番の男性は、フォロワー数3万6,000人のインスタアカウントを運営するグルスタごちさん。福岡グルメに魅了されて広島から移住してきた、食のインフルエンサーです。

そんなグルスタごちさんが選んだNo.1グルメは、中央区春吉にある「ふーずばー きんしゃい」の「ズリ刺」です。普段はテレビ取材NGだそうですが、今回は特別に許可していただきました。

「うちでは『とりあえずズリ刺』が定番です」と店主の鶴岡拓郎さん。フグのように豪快にすくい上げていただくのが、グルスタごちさんすすめの味わい方です。

当日仕入れた砂ズリから、歯ごたえの良い部分だけを厳選。鮮やかで美しい色とコリコリの食感が楽しめます。これが2人前1,380円なんて!

和食の魅力は国境を超える! 「福ずし」の「ぶりあらだき」(早良区西新)

こがけんが選んだ写真3番の男性は、料理研究家のフマユン・ムガールさん。パキスタン出身のスパイス&ハーブの研究家で、来日当初は財界や芸能界のVIPの通訳として活動していました。舌の肥えたVIPたちと数々の美食を楽しんだムガールさん。選んだのは意外にも「和食」?!

早良区西新にある「福ずし」は、地元で人気の寿司の名店。豊富な品ぞろえと居酒屋のような大衆的な雰囲気が特徴です。鮮度抜群の魚介が手ごろな価格で味わえるのは、漁師から直接仕入れているから。

ムガールさんが「最後の晩餐でも食べたい」と言う究極の一品をいただく前に、店主の溝上雄一さんに「福ずし」の4代名物を作っていただきました。

「カワハギ姿造り」(1,850円)に「幻の生シャコ刺身」(2匹680円)、「ゴマサバ」(680円)、「たこおどり刺」(780円)。鮮度抜群の海の幸に食欲を刺激されつつ、お待ちかねの”福岡No.1グルメ”「ぶりのあらだき」(980円)の登場です。

ふっくらとした身に、洗練された味つけ。シンプルな材料で作る素朴な料理だからこそ、職人の腕やセンスが現れます。板前修業の経験もあるこがけんも「おいしい!」と大絶賛。このあらだきを味見しようと、同業者が訪れることも多いそうです。

自然派ワインと楽しみたい「ル・ルビー」の「近江牛のロースト」(中央区赤坂)

次に選んだ4番の女性は、ライターの寺脇あゆ子さん。地元の情報誌などで食に関する記事を取材・執筆するなかで、「肉女」というあだ名も?! 

業界屈指の食通がおすすめするのは、中央区赤坂にある「ル・ルビー」。普段は取材NGだそうですが、今回は特別に許可をいただきました。

「近江牛のロースト」(100g・3,000円)のおいしさのヒミツは、食材の良さと店主・清末太一さんの焼き加減だと言います。使うのは、抜群の信頼を置く凄腕の精肉店が選んだ近江牛だけ。フライパンで「焼く・寝かせる」を繰り返し、約40分かけてじっくりと火を入れます。

味付けは台湾の「麻辣ペッパー」だけ。「旨い MEETS GIRL」「噛めば噛むほどDO DANCE」など、DJ KOOも名フレーズを連発するほど衝撃のおいしさでした。

※「自然派ワインとお料理の店」のため、お酒が飲めない方は入店をご遠慮いただいています。

注目の若手現る! 「季節料理ます本」の「アラと季節野菜のスープ煮」(南区大橋)

南区高宮に店舗を構える「食堂セゾンドール」のシェフ・前山仁さんは、福岡フレンチ業界のトップシェフ。そんな前山さんが最近見つけたお気に入りの店が、南区大橋にある「季節料理ます本」です。

店主の桝本修平さんは、ホテルオークラで和食の修行を積んだ後、独立。2021年10月に「季節料理ます本」をオープンしました。

いただいたのは、「アラと季節野菜のスープ煮」(1,200円 ※仕入れ値で変動)。

ほろほろと口の中でほどける幻の高級魚クエと、野菜の旨みがたっぷりと染み出した「スープ」に、心もからだも癒やされるメンバーたち。その表情を見た前山シェフのやさしい笑顔も印象的でした。

人気ラーメン店主の“原点の味”「屋台ともちゃん」の「とんこつラーメン」(中央区渡辺通)

続いて登場する写真1番の男性は、行列ができる人気店「博多らーめん Shin-Shin」の店主・中牟田信一さん。自身がラーメン業界に入るきっかけにもなった、「屋台ともちゃん」の「とんこつラーメン」をレコメンドしてくださいました。

繁華街・天神にある「屋台ともちゃん」にはおでんや串物もそろい、「黒毛和牛タン」(1,300円)などの一品料理も味わえます。

今回味わうのは「チャーシューメン」(900円)。店主・江口潤さんが見守るなか、DJ KOOさんの「紅生姜 DO DANCE」がさく裂! KAZMAも満足そうな表情で、シメのグルメを満喫しました。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

番組SNS

  • Twitter
番組
SNS
  • Twitter