まじもん!

水曜 19:00
せっかちな福岡県民は行列に並ばないはず?天神の行列店は実際どのくらい待つのか大調査!

せっかちな福岡県民は行列に並ばないはず?天神の行列店は実際どのくらい待つのか大調査!

都市再開発計画「天神ビッグバン」で大きな変化を迎えているまち・天神。行列のできる人気店や中心部のビジネスビル、開放的な空気に満ちた公園レジャーなどを一挙に紹介します!

天神の行列店に並んでみた!

せっかちな福岡県民は行列に並ばない?!

せっかちな県民性を持つと言われる福岡県人。天神での街頭調査の結果、地元民の約8割が「行列には並ばない」と回答。「食べたいものだったら」「回転率が良いなら」並ぶと言う人も中にはいましたが、「福岡県民せっかち説」は本当でした!

それでは、天神の人気店に並んでみたら、実際どのくらい待つことになるのか?! 番組独自に調査を進めました。

I‘m donut?

福岡発のベーカリー「アマムダコタン」が東京で1店舗目をオープンした「I‘m donut?」。その人気店がなんと福岡に逆輸入! スイーツ系、総菜系など店内には約40種類のドーナツがスタイリッシュに並んでいます。

全国的にも話題の生ドーナツ専門店ということで、オープン後は連日大行列。覚悟を決めて並んでみたところ、この日の待ち時間はなんと2時間13分。

長い行列のワケは、ここでしか手に入らない福岡限定メニュー「I’m donut?(抹茶)」(302円)。並んだ後はドーナツをおいしくいただきました。

ひょうたん寿司

「最初は1貫25円からはじめたんです」と話すのは、「ひょうたん寿司」大将の山田隆一さん。昭和39年に西鉄福岡駅地下「味のタウン」で創業した名店には、開店前にすでに約80人もの行列が。

しかし、実際に並んでみると、思いのほか行列は早く進み、待ち時間の記録は35分58秒。

お腹を空かせて並んだ後に食べる「ひょうたん寿司」はまた格別においしい! 人気のサイドメニューを2つ選べる平日サービス価格の「旬のおまかせにぎり」(2,673円、土・日・祝日は2,783円)で、幸せなランチタイムを堪能しました。

博多らーめん Shin-Shin天神本店

続いては、「博多らーめん Shin-Shin天神本店」。旅行客もたくさん行列に並んでいました。

写真は「煮玉子入りらーめん(890円)」。豚骨や鶏がら、野菜からとる濃厚なスープに、歯ごたえの良い細麺が相性バッチリです。

麺や兼虎 天神本店

西鉄福岡(天神)駅から徒歩2分の「麺や兼虎 天神本店」は、濃厚つけ麺が看板のラーメン店。ランチタイムを控えたサラリーマンのほか、韓国からの旅行客も見られました。

「味玉辛辛つけ麺」(1,250円)は辛さと旨さを兼ね備えたメニュー。並んだ時間は26分58秒。回転の速さでランチに人気のようでした。

天婦羅処ひらお 大名店

地元客&観光客ともに絶大な支持を得ている「天婦羅処ひらお 大名店」。いつも行列ができている印象ですが、この日は食券を買うまではなんと13分。

店内に入り、記録は18分26秒と意外と並ばない?! 天神には大名店とアクロス店の2店舗があるからかもしれません。

並んでいたお客さんに聞いたおすすめは、魚や豚、野菜などが味わえる「お好み定食」(1,040円)。揚げたての天ぷらはもちろん、名物の「いかの塩辛」もクセになります!

まとめ


全店の行列の待ち時間をまとめると、このような結果に。
この待ち時間なら、せっかちな福岡人も大丈夫?!

エンタメ情報盛りだくさん! 天神の最新情報

歌わない最新店?! 「ジャンカラ西通り店」

2022年9月にオープンした「ジャンカラ西通り店」は、69店舗を誇るジャンカラの中でも屈指の人気店。店内には九州デザイナー学院とコラボして作った5つのアートルームを備えています。

動画やDVDを大画面で鑑賞できるということで、「歌わない」使い方もOK。コロナ禍で「推し活」需要がアップ。友人数人で集まって鑑賞会を開く人も多いようです。

ノンタール・ノンニコチンのシーシャの香りが楽しめる「エアーシーシャルーム」があるのは、全国でここだけ!

観光客に大人気のフォトスポット!

水と緑に恵まれた都心のオアシス、天神中央公園。貴賓館前には観光客に人気のフォトスポットがあります。

ハレノガーデンWEST「STOCK」

同じく天神中央公園「ハレノガーデンWEST」の1階にあるのは、福岡の名店「Pain stock」と全国的にも名を馳せる久留米「COFFEE COUNTY」のコラボ店「STOCK」。

ここでしか飲めないエチオピア産の小粒種「KURUME」を使った「Ethiopia KURUME washed」(550円)は、浅煎りで果実のような甘さが楽しめます。

パンを買うなら、酢漬けのきゅうりが丸ごと1本入った「かっぱドッグ」(453円)がおすすめですよ。

天神・博多のまちを水辺から鑑賞! 那珂川リバークルーズ

天神中央公園から中洲・博多湾までをめぐる「リバークルーズ」(30分コース、1名1,000円)は、福岡の街並みを異なる視点で楽しめる体験コース。船頭さんが歌も歌ってくれます!

キャナルシティ博多すぐそばの新エンタメスポット「010 BUILDING」

2022年12月1日にオープンした「010 BUILDING」は、食とエンターテインメントが一挙に楽しめる複合施設。日本初上陸のイマーシブシアターやバー、レストランなどが集合し、早くも話題となっています。

日本初上陸の「イマーシブシアター」では、食事をしながら世界トップレベルのショーを鑑賞できます。

世界トップクラスのカクテルが味わえる「BAR 010」は、美しい夜景を眺めながらお酒を傾けたくなるスポットです。

剛さん、ガガンさんいわく、「GohGan」とは「EAZYカヤ=居酒屋スタイル」の「フレンチインディアンビストロ」。これまでにない新しい料理との出会いが待っているはず!

天神ビッグバン第1号「天神ビジネスセンター」特集

「ジャパネットホールディングス」新オフィスに潜入

50以上の新ビル誕生予定の天神ビッグバン。その第1号となる「天神ビジネスセンター」にいち早く入居を決めたのが、通販大手「ジャパネットホールディングス」でした。

約270名が勤務するこのオフィス。働き方に合わせたさまざまなデザインの席が用意されています。

お一人様ブースなどの集中スペースが充実

自宅より集中できる オンラインミーティングなどに特化した一人用のブースを設置。靴を脱いで作業できる芝生エリアもあり、用途によって充実した環境が整えられています。

リフレッシュルーム

現代の職場に求められているのは、心も体もリフレッシュできる空間! オフィスの中にはリフレッシュルームが設けられ、社員は自由に使うことができます。マッサージチェアはジャパネットで販売中。自社の商品を試すきっかけにもなり、接客にも生かされているそうです。

さらに、「ジャパネットホールディングス」ならではのおもしろい取り組みも!

①1週間に1回の席替え

週に1度の席替えはガチャポンで。どの席になるかはお楽しみです。中には、天井の金網のあしらいが焼き肉店に似ていることから「焼き肉席」と呼ばれている一角も。部署間の交流も活発になりそうです。

②「びずめし」を利用した福利厚生

近くの飲食店で会社の補助が受けられるアプリ「びずめし」を活用。こんなに便利で快適生活ができるなんてすごい!

「天神イナチカ」注目のグルメは?

おいしいパスタ

「天神イナチカ」で一番人気の「おいしいパスタ」。ミシュランシェフ・鳥羽周作さんが手掛ける和風パスタ専門店です。注文率No.1は、月に2,000食出るという「明太クリームカルボナーラ」(1,000円)。卵の黄身が麺にとろりと絡み、まさに「うっとりするおいしさ」です!

侑久上海 THE BUND

福岡の人気中華料理店「侑久上海」が手掛ける「侑久上海 THE BUND」。おすすめは「ガーリック黒チャーハン」(800円)です。見た目の黒さは中国醤油。香りとパンチが食欲を刺激する!

勝手場ごった

肉とお酒が満喫できる「勝手場ごった」。肉刺しやホルモンがセットになった「肉呑みセット」(1,628円)は、生ビール、角ハイボール、葡萄酒、ハイボールから一杯選んでOK。異なるタレで味わいながら、お酒が進みそう!

天神の老舗や名店、どこ行った?!

名物「ちんめん」でおなじみの「あま太郎」

ソラリアステージの地下「味のタウン」にあった「あま太郎」。創業者の笠井龍太郎さんが、京城(現在のソウル)で食べた「ラーメンでもうどんでもない味」を再現した「ちんめん」は長い間地元で親しまれてきました。

店を切り盛りしていたのは、創業者の妻である笠井静子さんの長男の嫁、笠井一恵さん。コロナ禍の影響で2021年1月に惜しまれつつ閉店してしまいましたが、一恵さんは、現在も自宅の奥で「ちんめん」を作り続けていました。

「ホットちんめん具材付き2食セット」は(1,360円、映像は1食分)。なつかしの味は今も一恵さんの手守られています。

鯛茶漬けが人気の名店「割烹よし田」

天神の定番ランチスポットと言えば、「割烹よし田」。天神ビッグバンに伴う再開発のため、2020年12月に閉店した後は博多区店屋町に移転して営業しています。

店内のにぎわいは移転後も健在。「よし田名物鯛茶」(1,320円)も変わらぬおいしさでした。2025年春には天神に新店舗が完成予定。「25年のゴールデンウィーク前にはオープンできれば」と、「割烹よし田」の代表取締役・吉田泰三さん。天神でまた「鯛茶」を味わえるのが楽しみです!

おわりに

老舗商店街・新天町、福岡パルコ、西鉄駅ビルが一体となった再開発計画も2022年11月末に発表されたばかり。2030年度開業を目指します。これから変わりゆく天神にも注目を!

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

番組SNS

  • Twitter
番組
SNS
  • Twitter