PageTopButton

黄金世代の主役へ~卓球・早田ひな~

2018年第13回
制作:RKB毎日放送
ディレクター:岩本京子

北九州市出身・希望が丘高校3年の早田ひな選手(18)。4歳で卓球を始め、中学校の全国大会では2年連続優勝。専属で指導する石田大輔コーチとともに1年の大半を海外大会へ費やし、世界ランキングは最高11位まで上昇した。身長166センチと日本の女子卓球選手としては背が高く、長い手足から出されるダイナミックな攻撃が持ち味だ。
注目度の高い日本卓球界。同級生には、リオ五輪に出場した伊藤美誠選手、それに去年ワールドカップで優勝した平野美宇選手がいて「卓球黄金世代」として人気を集める。ダブルスが得意な早田選手は去年、伊藤・平野のどちらともダブルスを組み、いずれも国際大会で優勝するなど好成績を残した。一方、個人の成績としては常に2人を追う立場だ。
目指すは2020年の東京オリンピックで金メダル。現行のルールでは上位3人が出場できるが、早田選手は石川・伊藤・平野についで国内4位。この1年でトップ3に食い込まなければならない。今年は世界選手権へ出場し日本のメダル獲得へ貢献したほか、6月には地元・北九州でも初めてワールドツアーが行われた。更なる飛躍が期待される高校生、2年後の晴れ舞台を目指しラケットを振り続ける!

各局の放送予定

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」