【閲覧注意!】高さ100メートルの世界 送電線の設置現場 RKBカメラマンリポート

私たちの暮らしを照らす電気の話題です。

大量の電気を無駄なく効率よく送るために、九州には50万ボルトの送電線が張り巡らされていますが、大分県と宮崎県を結ぶ区間が11月末、8年に及ぶ工事の末につながりました。

高さ100メートル以上の鉄塔で行われた作業。

その現場を、「高いところは大丈夫」と豪語する吉川カメラマンが取材しました。

火曜ドラマ『君の花になる』
10月18日(火)よる10時スタート

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE