西鉄久留米駅と共に歩んで50余年! 久留米が誇る老舗の味を満喫

西鉄久留米駅と共に歩んで50余年! 久留米が誇る老舗の味を満喫

豚骨ラーメンに焼鳥、餃子など、わざわざ食べに行きたい店がいっぱいの久留米。西鉄久留米駅に直結する「エマックス・クルメ」2階のレストランフロア「味のタウン」にも、久留米を訪れたら必ず足を運びたい名店があります。今回は、駅ビルの創業時から50年以上にわたって人々の胃袋を掴んできた老舗2軒をご紹介します。仕事帰りや買い物のついでに気軽に立ち寄ってみませんか?

野菜炒めのあんかけがのって大満足! 「甘太郎」の「太郎めん」

まずは麺料理と甘味を楽しめる「甘太郎」で名物の「太郎めん」(800円)をいただきました。どどーんと大きな丼に、麺が見えないほど野菜炒めのあんかけがた〜っぷり。自家製の中太ストレート麺は、あんとの絡みも抜群! 熱々をハフハフしながらいただきましょう。4種から選べるスープは、甘太郎の定番「しょうゆ」をチョイス。毎朝炊く鶏ガラをベースにした関東の辛口醤油をあわせたすっきりとした味わいで後味はさっぱり。ボリューム満点で大満足!お腹も心もポカポカです♪

「甘太郎」は豚骨ラーメンの聖地・久留米にありながら、スープはあえての鶏ガラベース。「うちは先代の時代から “よそにない味で喜んでもらおう”とやってきました」と語るご主人・田中定男さんから、並々ならぬ心意気を感じられます。2大看板の「太郎めん」と「もやしめん」のスープは、醤油以外にも豚骨・味噌・カレーから選べますが、どれもベースは鶏ガラなんだそう。「それに『太郎めん』は、最初はこんなに大きな器じゃなくて小さな器だったんですよ」と奥様。原料価格の高騰で値上げが避けられない時も「その分、器を大きくしてお客様に還元しよう」という先代の思いを引き継ぎ、50年という歳月をかけて年を追うごとに大きくなっていったそう! リーズナブルにこだわりの味をお腹いっぱい味わえて、本当にありがたいお店です(涙)

久留米出身の大物アイドルや俳優、ミュージシャンに愛されてきた「甘太郎」。ラーメンやちゃんぽんだけでなく、オレンジフロートやあんみつなどの甘味も食後にいいですね。

プリプリ&コリコリ食感がたまらない! 「鮨金」の「下足天定食」

高菜巻きや納豆巻きを生み出した店として知られる「鮨金」。鮨だけでなく、「下足天定食」(850円)もファンの多い一品です。刺身用のゲソを贅沢に使い、職人さんが揚げたサックサク&プリプリ食感がたまりません! コリッとしたナンコツも入っていて私好み! 下足天を、昆布や鰹節で丁寧にとったダシを使う天つゆや、塩をつけていただくと白ごはんがどんどん進んじゃいます。売り切れてしまう日も多いというこの人気メニュー。なんと昼、夕方、夜と1日3回食べにくるほど虜になってしまった人もいたそう! イカの入荷がない日もあるので、確実に食べたい時は電話で予約を。

現在、「鮨金」のカウンターに立つのは、東京や千葉の和食店でも修行を積んだ2代目の平川壮介さん。鮨を一貫ずつ味わいたい時は、九州を中心に全国から仕入れたネタが並ぶカウンター席をぜひ予約しましょう。刺身醤油には、地元・久留米の「塚本しょうゆ」が「鮨金」用にブレンドした特注品を使用。また味噌汁には、大分・臼杵の「カニ醤油」の味噌を使うなど、ネタ以外の食材にも九州愛が感じられます。

ゆったり広々とした店内には、テーブル席と窓を向いた1人席もあり、1人でもふらりと立ち寄りやすいのがいいですね。メニューは鮨定食や丼メニューなど多彩! 鮨・刺身・天ぷらなどが付く「レディース膳」(1,300円※男性も注文可能)や、「すし定食」(1,300円)、「親子丼」(700円)もおすすめです。
この記事は、「エマックス・クルメ」の提供でお届けしました。(UMAGA編集部)

店舗情報

店名 エマックス・クルメ
住所 福岡県久留米市東町上天神田316−2 エマックス・クルメ2階
電話番号 0942-34-3741(代表)
営業時間 10:30~21:00(一部店舗を除く)
定休日 不定

※この記事は取材時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
※撮影時にマスクやアクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。

外部リンク
駅近レストランフロアでちょっとリッチな夜定食♪
辛い麺好きに朗報! 出汁感立つ担々麺&酸辣湯麺の新店がデビュー

THE WRITER

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE