【焼き鳥】福岡のアナウンサーにおすすめのお店を聞いてみた【福岡グルメ】

福岡グルメのひとつ「焼き鳥」。福岡にはラーメン店に負けないくらい焼き鳥屋さんが多く、鶏以外の牛・豚・野菜の串もあったり、キャベツがおかわり無料だったりと、県外の人からすると驚くことが多い独自の文化でも知られています。今回はそんな数あるお店の中から、本田 奈也花アナがおすすめする福岡の焼き鳥屋さんTOP5を紹介します。

本田アナが選ぶTOP5の結果はいかに!?

第5位 英国昇龍(警固)

イギリス・ロンドンにある老舗ラーメン店が本店。注目の「トリュフ豚骨RAMEN」は、クリーミーなスープに何枚も入った黒トリュフが特徴です。警固店は「博多焼き鳥&ワイン」の店として、多種多彩な『博多とりかわ巻串』や『創作博多やさい巻串』が揃うほか、全国の日本酒やワインの種類も充実しています。
» https://www.eikokushoryu.com

「ラーメン屋さんなのに、焼き鳥が美味しくて締めのラーメンまでなかなか行き着かない(笑)」という本田アナ。中でも一押しはとり皮だそうで、「とり皮って塩味のイメージですが、ハニーマスタードやごま油+塩など、レパートリーが多くてとり皮だけでも何本でもイケちゃいます」とのこと。もうひとつのおすすめは、豚バラ肉でロメインレタスと明太子を包んだ「野菜巻き」。説明を聞いて、思わず「お腹空く〜」とつぶやいてしまうアシスタントのたらちゃんなのでした。

第4位 東京焼鳥と野菜巻きの店 Hayato to Hinata(西新)

九州全域で生産された鮮度の高い鶏肉と野菜を店主自らが厳選し、丁寧に串打ちした串焼きを提供。九州鶏のぷりぷりした歯ごたえとジューシーな焼き上がり、旬の野菜の豊かな味わいを楽しめます。創作串も数多く、5種の塩をブレンドしたオリジナルの塩が素材の味を引き立てます。
» https://nishijin-hayoto-to-hinata.com/

「この店では好きな部位を選ぶというより、いつもおまかせで頼んでいます。基本的にどれも美味しいから、お店のおすすめが私のおすすめです!」とキッパリ言い切る本田アナ。だしが効いた『大根の唐揚げ』は絶対頼むメニューだそうです。

第3位 焼きとりのとりこ(大手門)

福岡の人気焼き鳥店「焼きとりの八兵衛」で長年修行を積んだ店主が焼き上げる絶品の焼き鳥を味わえます。鶏肉はこだわりの九州ブランド鶏を使用。鮮度にこだわった大きめのネタが魅力です。日本酒もワインも焼き鳥に合うものだけを厳選しています。
» https://fukuoka-sumiyakitoriko.owst.jp

「ちょっとリッチなイメージで、私は贅沢したい時に行きます。特にレタス巻きが美味しくて、一人で食べられるのか心配になるくらいの大きさですが、余裕で食べられます。レタスのシャキシャキ感とちょうど良い塩味が最高です!」
本田アナはどうやら野菜巻きがお好きなようで、「野菜巻きは、東京ではなかなか食べられないから、福岡に来たらぜひ食べてもらいたい!」と力説していました。

第2位 焼き鳥のあんど(西新)

こちらも「焼とりの八兵衛」で修業した店主が切り盛りする焼き鳥店。“小洒落た屋台”をテーマにした店内とアットホームな雰囲気の中、鮮度の良いネタを使用した本格炭火焼き鳥とお酒を楽しめます。焼酎とグラスワインは350円からとリーズナブルな価格も魅力です。

「特に好きなのが豚バラ。ジュワッと脂が口の中に広がるんですが、重たくないんです。それとセンマイ刺しが好きですね。ここは私の好きな“白”のセンマイを“ごま油+塩”というベストなタレで提供してくれます」。
焼き鳥以外のサイドメニューにもなかなか詳しい本田アナ。軟骨が入っていてコリコリとした食感が楽しめる「メンチカツ」もおすすめだそうです。

第1位 信長本家 筑紫口店(博多)

福岡には「信長」「信秀」「家康」といった戦国武将にちなんだ店名の焼き鳥店が多いですが、こちらお店もそのひとつ。焼き鳥、刺身、もつ鍋…と何でも揃っていて、価格もリーズナブル。博多駅近くにあり、旅行客や会社帰りのサラリーマンなどが多く、活気のあるお店です。(HPなし)

「両親と一緒の時にふと入ったお店ですが、白モツがコリコリしていて、安くて美味しいです!それと、もつ鍋ってホルモンの脂身が定番ですが、ここは砂ずりやセンマイなどいろんな部位が入っているから、全然胃もたれもしないんです」とのことでした。

…ということで、本田アナが選ぶ第1位は、焼き鳥ともつ鍋の美味しさで勝ち取った「信長本家 筑紫口店」でした!

アシスタントとスタッフのおすすめも聞いてみた!

これだけ福岡に焼き鳥屋さんがあれば、まだまだ美味しいお店はあるはず!ということで、本田アナに引き続き、アシスタントの2人とスタッフにおすすめのお店を聞いてみることに…。

「焼鳥弁慶」(西新)

西新駅から徒歩5分ほどの場所にある昭和の居酒屋のような大衆的なお店。取り置き必須の「牛サガリ」と極厚切りの「豚バラ」が人気でボリュームも肉質も文句なし!リーズナブルな価格で焼き鳥を楽しめます。人気店のため予約必須です。

「焼き鳥を食べながら、もやし炒めを食べるのが好きです!」とたらちゃん。焼きおにぎりも大きくて、お茶碗2杯分くらいあるから、2人で半分ずつ食べるのがちょうどいいようです。安くて美味しくて“学生に優しい店”という本田アナの言葉に一同うなずいていました。

「焼鳥茶屋 初陣」(西新)

西新の住宅街にあり、昔ながらの懐かしい雰囲気と新しさの両方を感じられるお店。丁寧に毎日仕込み、じっくりと焼き上げる焼き鳥のほか、多くの人が注文するのが刺身の盛り合わせ。毎日仕入れる鮮魚は新鮮でお得感もあります。
» https://uijin-nishijin.owst.jp

「焼き鳥も美味しいのですが、お魚もあって、その日仕入れた新鮮な魚のお刺身を食べられます。それと、醤油味か味噌味を選べる焼きおにぎりは、お腹いっぱいでも締めに食べたくなります!」という葉月ちゃんの紹介に、「味噌味の焼きおにぎりが気になる!」とみんな炭水化物に目がない様子。

その他、“野菜串が多くて、写真も映える”と大学生の間でも人気がある店として、「本格焼鳥 大名へて」(大名)や「やさい巻き串屋 ねじけもん」(大名)の名前が挙がりました。

スタッフのおすすめ3店

「焼き鳥 とりら」(平尾)

ラーメン店『麺道はなもこし』の兄弟が営む焼き鳥屋さん。スタッフもまだ行けていないそうですが、食べログの全国焼き鳥ランキングで2位にもなった「予約の取れない幻の名店」ということでみんな興味津々!
メニューは、焼き鳥専用種として希少価値の高いブランド鷄「高坂鷄」を使用したおかませコースのみ。高坂鷄特有の甘みとコクを存分に味わえ、締めにラーメンが提供されます。完全紹介制なのでご注意を。
» https://www.instagram.com/yakitori_torila/

「藤よし」(西中洲)

1949年、筥崎宮前の屋台に始まり、現在は西中洲にお店を構える老舗。焼き鳥をはじめ、和食店レベルの刺身などの一品料理や水炊きなども揃っています。名物のホルモン串は、希少ネタに塩揉みなどの丹念な下処理を施して提供しています。
» https://hakata-fujiyoshi.com

「博多松介」(大名・春吉・西中洲など)

福岡に「塩つくね」の文化と「串×ワイン」という新スタイルを創り出したお店。ジューシーなつくねの『松介特製ねり』と半熟玉子の『とろ玉』が人気。リーズナブルな価格設定の大名店、ワインを楽しめる春吉店、大人向けの西中洲店があります。
» https://www.matsusuke.com

「焼鳥のえーす」(大名・春吉・博多)

本格的な焼き鳥から野菜巻きまで揃った充実のラインナップ。希少部位や高級食材を使用した『和牛ウニのせ串』『肝の網脂包み串』『こころのこり』などバラエティに富んだ創作串焼きも人気です。和洋多彩な一品料理も堪能できます。
大名 https://yakitori-ace-daimyo.owst.jp
春吉 https://haruyoshiace.owst.jp
博多 https://www.instagram.com/yakitoriace_hakata/

さて、本田アナたちが選んだ焼き鳥屋さんはいかがでしたか?改めて福岡にはバラエティ豊かな焼き鳥屋さんが揃っていることがわかりました。みなさんがおすすめする焼き鳥屋さんがあれば、YouTubeのコメント欄から教えてくださいね!

「細かすぎる福岡のニュース(仮)」では福岡の細かすぎる魅力を体当たりで紹介していきます。福岡にお住まいの方もそうでない方も楽しめる企画が進行中。
福岡愛ではどこにも負けない番組を目指しているので応援よろしくお願いします。

★チャンネル登録よろしくお願いします★
https://www.youtube.com/channel/UCnpwBGBULuG1Urgi3f2_fTg

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE