【福岡愛】愛があれば言えて当然!?福岡の好きなところ100個言ってみた!!

福岡の細かすぎる魅力を体当たりで紹介する「細かすぎる福岡のニュース(仮)」
今回は、本田アナに”福岡の好きなところを100個”挙げてもらいました!
福岡在住2年目のフレッシュな視点だからこそみえてくるものもあるはず…。
福岡在住のあなたは100個言えますか?

福岡生まれ、福岡育ちの記事制作担当・帆足千恵が、動画では出てこないポイントも交えて補足させていただきます。

まず、この本田アナは、「ほめ☓ほめナイト」というRKBラジオ(日曜10時〜)のMCであり、ポジティブな発想で褒めまくっています。

ほめ☓ほめナイト

ラジオそのままの勢いで、制限時間30分で福岡のいいところをバンバン出してほしいところです。

  1. 温かい人が多い
  2. 美女が多い
  3. 都市と自然が隣接
    (調和しているという意味ですね。福岡市は都心部から車で20分も行けば海や山があり、自然の風景が広がります)
  4. 海の幸が美味しい
  5. 山の幸も美味しい
  6. 伝統的なお祭り(博多祇園山笠など)がある
  7. 伝統的な工芸品がある
  8. (伝統工芸品の中でも)津屋崎人形がいい
    (補足)福岡県知事指定伝統工芸品である「津屋崎人形」。福岡県福津市の津屋崎エリアでつくられています。確かに味わいがあります。
    https://www.crossroadfukuoka.jp/traditionalcrafts/products/detail/13
  9. 八女市に竹で手作りの釣り竿を作っている人がいる
    (補足)本田アナが取材したというのは布袋竹延べ竿等を青竹から加工をしている「つり具の木下」さん
    http://turigunokinoshita.com/index.html
  10. おしゃれな人が多い
  11. 糸島市のカフェがおしゃれ
  12. 海が近くにある
  13. 意外と手軽に登ることができる山がある
  14. 本田アナのふるさと・長崎が近い
    博多駅〜長崎駅は、JR九州の特急で約2時間。今年2022年9月23日に西九州新幹線が開通するともっと近くなりますね。
  15. 新幹線の移動が便利
  16. 福岡空港のアクセスがいい
    福岡市地下鉄空港線を利用すると博多駅から約5分、天神駅から約11分で福岡空港駅にアクセスできます
  17. 西鉄バスでどこでも行ける
    福岡を網の目のように路線バスが走行しています。ちなみに、福岡の西日本鉄道株式会社が保有する路線バスは、2020年度では約1800台と日本で1、2位を争う多さだと言われています。
  18. 焼き鳥の「とり皮」が美味しい
    今や福岡名物になっていますね。各店、数日間ほど仕込みに時間をかけているところも多い逸品です。
  19. 焼き鳥の豚バラが美味しい
    焼き鳥なのに「豚バラ」など豚や牛も出てくるのが福岡ならでは。
    ちなみに本田アナがおすすめする焼き鳥5選はこちら
  20. マリトォツォが美味しい
    今や大人気のこのお菓子。
    福岡市中央区六本松にある「アマムダコタン」が火付け役と言われています。
  21. 明太子が種類が多くて美味しい
  22. ラーメンが美味しい
  23. ラーメンなどのソウルフードが安い
  24. (居酒屋など)外食がどこでも美味しい
    確かに、安くてハズレがない店ばかり。そうでないと福岡では生き残っていけない食の激戦区なのです。
  25. 天神ビックバンなど都市開発中で栄えている
    「天神ビックバン」とは、福岡市の中心部・天神地区でアジアの拠点都市としての役割・機能を高め、新たな空間と雇用を創出するプロジェクト。福岡空港が近いため、今まで制限されていた高層ビルの高さや容積率を緩和。2024年までの10年間で30棟のビルの建て替えを促し、新たな空間と雇用を創出することを目標としています。今、天神エリアを歩くとあちこちで建設中のビルを見かけますよ
  26. 博多駅も天神も地下鉄で1本で行ける
  27. 博多駅のイルミネーションがきれい
    冬のイルミネーションは特に有名ですね
  28. (博多駅で)何でも揃う
  29. (天神でも)何でも揃う
  30. 天神地下街がある
  31. 天神地下街を歩くと日焼けしなくていい
  32. 天神地下街は夏は涼しい
  33. 天神地下街は冬はあたたかい
    天神地下街と商業施設や各スポットが地下でつながっているので、雨のときも濡れずに大変便利です
  34. 地元球団「ソフトバンクホークス」がある
  35. コンサート会場が多い
  36. 福岡出身の芸能人が多い
    タモリさん、橋本環奈さんの名前が挙がっていましたが、他にも松田聖子さん、浜崎あゆみさん、椎名林檎さん、氷川きよしさんなどのミュージシャン、俳優では、今田美桜さん、吉田羊さん、山本美月さん、瀬戸康史さん、黒木瞳さんなどきりがないほどです。
  37. 福岡ソフトバンクホークスが強い
  38. 福岡市と北九州市は新幹線ですぐ
    山陽新幹線で17分〜18分と20分かかりません
  39. まちなかで福岡の歴史を学べる
    北九州市の小倉城を例にあげていました。確かにショッピングと歴史探訪を一緒に楽しめますね。
  40. ローカルCMが面白い
    ここでは「かばた」の明太子のCMを挙げていましたね。「点とまるのか〜ばた」というフレーズ、私も歌えます。
  41. 北九州市にモノレールがある
  42. リバーウォーク北九州、キャナルシティ博多の外観がおしゃれ
  43. テレビ局各局が毎日ホークス情報を扱っている ファンにとっては最高
  44. 福岡タワーのライトアップが季節ごとに変わってキレイ
  45. グランピング施設が多い
  46. 東京の有名店が福岡にすぐできる
  47. Tジョイ博多(映画館)がスゴイ!
    日本初導入のDolby CinemaTM(ドルビーシネマ)を本田アナが取材したようです。
    ここは博多駅に直結しているので、電車を真上から見渡せるスポットもあります。ロビー奥にあり、映画チケットを持っていなくても行けますよ。
  48. 陸上の大会が多い 大濠公園に行くとオリンピックランナーが走っている
    2021年の東京パラリンピック、女子マラソンT12において、パラリンピック記録で金メダルを獲得した道下美里選手は、大濠公園を練習の拠点のひとつにされています。
  49. 高校スポーツのレベルが高い
  50. 肉や魚など食材(物価)が安い
  51. 血気盛んな街
    博多祇園山笠など祭りにかける盛り上がりがすごいのは確かです。
  52. TOTOの本社が北九州市にある
  53. リョーユーパンのキャラクターがかわいい
    1950年創業のリョーユーパンは、「マンハッタン」はじめ、福岡でおなじみの数々の人気商品があります。キャラクター「リョーちゃん」は福岡発の文具メーカーのタイアップもしたほど、人気です。
    https://www.ryoyupan.co.jp/
  54. 醤油が甘くて美味しい
  55. (いろんな種類のホルモンが入った)もつ鍋が美味しい
  56. 大根のから揚げがおいしい
  57. トウモロコシの天ぷらがおいしい
  58. 孫次凧(まごじだこ)が有名
    明治末期に現在の北九州市戸畑区で誕生したといわれる凧。北九州市は海に近く、風が強いため凧あげが盛んで、竹内孫次さんが作り始めたことからこの名がついたそう。
  59. 伝送工芸品の英彦山がらがら
    修験道の血として有名な英彦山(ひこさん)がある福岡県添田町で約800年前に作られた日本最古の土鈴。魔除けやお守りとして使われています。私も英彦山に行ったときに買いました。素朴だけどすてきな音がしますよ。
  60. 時代とともに変化する博多人形
    今は女子高生のフィギュアのような博多人形もあります!
  61. 揚げたてすぐを食べられる天ぷら屋がある
    「天ぷらひらお」が有名ですね。熱々揚げたてを食べられるのに1,000円前後でリーズナブルなのも人気の理由です。
  62. (ラーメン店の高菜漬けなど)無料サービスの量が多い
  63. 牧のうどんが癖になる
    ラーメンと並ぶくらい福岡のソウルフードといわれる「うどん」。なかでも「牧のうどん」は麺のかたさを選ぶことができ、「やわめん」の美味しさと食べても食べても減らない感じが話題になります。
    福岡のうどんについてはこちら
  64. 八女茶がおいしい
  65. 干物など水産加工品もおいしい
  66. 天神のデパ地下が楽しい
  67. 温暖で過ごしやすい
  68. 暗くなるのが遅いので安全
    関東から福岡に引っ越してきた方はたいていびっくりしますね。日没が1時間遅いイメージで夏場の夕方は遅くまで明るいです。
  69. 子育てしやすい環境
    本田アナは「マークイズももち」に入っている「ポスポスマルシェ200」を取材した経験から語っています。200円で子ども服が買えたり、子育てグッズが手に入るそうです。それ以外にも福岡は公園も多く、子どもを育てる環境は整っている気がします。
  70. 竈門(かまど)神社がある
    太宰府市にある竈門神社はアニメ「鬼滅の刃」の聖地とも言われています。
    四季の自然と調和し、特に紅葉は絶景です。お守り授与所などとっても素敵なデザインなので、機会があればぜひ足を運んでみては。
  71. 受験の神様・太宰府天満宮がある
  72. 梅が枝餅がおいしい
  73. 宮地嶽神社の光の道がきれい
  74.  
    ここからは怒涛の名物の食べ物、お菓子シリーズです。

  75. シロヤのサニーパンがおいしい
    北九州市小倉が本店ですが、博多栄や各地にあります。サニーパンはなかに練乳が入っていますよ
  76. おきゅうとがある
    「おきゅうと」は海藻の「エゴノリ」を原料とした郷土料理。「ところてん」に似ているようで違います。
  77. 「博多通りもん」が喜ばれる
  78. 「筑紫もち」がおいしい
  79. 銘菓「ひよ子」の本社がある
  80. フランソアのパンがおいしい
    「フランソア」は福岡県糟屋郡に本社があるパン・菓子を製造・販売する会社です。私はCMのアニメシリーズが大好きです。
  81. アウトレットが近い
    福岡市西区に「マリノアシティ福岡」、北九州市には、2022年4月に「ジアウトレット北九州」ができました。
  82. 福岡市はゴミ捨てが夜
    夜にゴミ回収車が回収をしてくれますこれは助かります。
  83. ゴミの分別がわかりやすい
  84. 自転車が走りやすい
  85. いちご「あまおう」が福岡県産
  86. おいしいフルーツがたくさんある
    朝倉市やうきは市はまさにフルーツ王国。いちご、なし、ぶどうやかきなど名産が多く、フルーツ狩りを楽しめる果樹園も多いですよ。
  87. 糸島の牡蠣とはまぐりがおいしい
  88. せかせかしていない
  89.  
    無情にもここで30分と制限時間が終了。本田アナは87個を挙げました。
    5分の延長線に入ります

  90. 福岡市の都心部に醤油屋さん(ジョーキュウ醤油)がある
    福岡市中央区大名にある江戸時代(1855年)創業のジョーキュウ醤油。建物の一部は国の登録有形文化財(建造物)に登録されています。本当に余談ですが、私の事務所の眼の前にあり、私もよく利用しています。最近の注目は「マヨ醤油」です。
  91. 福岡市の都心、天神、大名、警固とエリアごとに違うおしゃれ感があって買い物しやすい
  92. ピエトロがある(福岡が本社)
  93. 博多ポートタワーの景色もいい
  94. 飛行機が近くを飛ぶ
    福岡空港が都心部に近いからですね。本当に近くを飛んでいる感じがします。
  95. ラッキータクシーの777
    2020年、将棋の藤井聡太さんが大濠公園能楽堂での対局の際に送迎されたことでも有名に。
  96. 車内がすべてピンク! 超レアなラブリータクシーがある
  97. デコレーションされたバスがある
    バス全体をデザインする「ラッピングバス」はよく見かけますよね。本田アナが話しているのは、クリスマスの際に車内も装飾された西鉄バスの「デコバス」を指していると思われます。
  98. 福岡市役所前のイベント広場
    コロナ禍前は本当にたくさんのイベントが開催されていました。「クリスマスマーケット」は定番に。今年5月には「博多どんたく港まつり」の本舞台もあり、多くのお客様で賑わっていました。
  99. 和菓子店「鈴懸」は福岡発祥!
  100. 「鈴懸」のイチゴ大福がおいしい
  101. 博多弁がかわいい
  102. 北九州市の成人式が豪華

 
見事100個達成!本田アナは自信があったそうで、「福岡愛」ホンモノです。
アシスタントから「ゴマサバ」「水炊き」の声も出ていました!
これから知っていくとますます増えていきそうですね。

「細かすぎる福岡のニュース(仮)」では福岡の細かすぎる魅力を体当たりで紹介していきます。
福岡にお住まいの方もそうでない方も楽しめる企画が進行中。
福岡愛ではどこにも負けない番組を目指しているので応援よろしくお願いします。

★チャンネル登録よろしくお願いします★
https://www.youtube.com/channel/UCnpwBGBULuG1Urgi3f2_fTg

本田 奈也花


Instagram:https://www.instagram.com/nanaka_honda_rkb/
プロフィール:https://rkb.jp/announcers/honda/

THE WRITER

帆足千恵
帆足千恵
編集者・ライター。㈱インアウト・ツーリズム研究所代表。30年前から福岡のタウン情報誌の編集者として、グルメやアート担当の後、旅行情報誌を制作し、1990年代から海外30カ国、60エリアを取材、世界の旅行情報を発信。2001年よりさまざまなメディアに関わりながら、外国人旅行者向けの編集制作や企画、調査、マーケティング、プロモーションを行い、2019年より福岡発世界旅行情報「Fly from Fukuoka」を運営。仕事なのか、趣味なのか曖昧なほど、日々「旅」や「観光」に携わる。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE