PageTopButton

豪雨で被災のぶどう園で高校生らが土砂の撤去作業

今年7月の豪雨災害に見舞われた福岡県久留米市のぶどう園で、高校生やボランティアが土砂の撤去作業を行っています。


久留米市田主丸町のぶどう園では、福岡舞鶴高校の生徒や日本九援隊のボランティアなど約150人が、午前9時からスコップを使うなどして土砂を掻き出しています。
ぶどう園には、今年7月の豪雨で大量の土砂が流れ込み、ぶどうの木が1メートルほど埋もれてしまっているところもあるということです。


7月の記録的な大雨から2か月が経ちますが、被災地では、復旧作業の人手が足りておらず息の長い支援が求められています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」