PageTopButton

北部九州で激しい雨のおそれ 4日正午までの24時間雨量100ミリに達するか 佐賀県では警報の可能性も 

暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、九州北部地方では大気の状態が非常に不安定となっています。3日夕方にかけて局地的に激しい雨が降るおそれがあります。

土砂災害や浸水、河川の増水などに警戒


3日午前8時半ごろ佐賀市内では時折、強い雨が降っています。九州北部地方では、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、3日夕方にかけて激しい雨が降るおそれがあります。気象台は先ほど、午前11時20分すぎに佐賀市や唐津市、武雄市など、佐賀県内の自治体に大雨警報を発表しました。福岡県と佐賀県では今後、1時間あたりの降水量がいずれも多いところで40ミリ、4日正午までの24時間雨量は100ミリに達すると予想されています。気象台は現在佐賀県に発表されている大雨注意報を、3日夕方にかけて警報に切り替える可能性が高いとしています。気象台は今後の雨の降り方に注意するとともに、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒するよう呼びかけています。
 

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」