PageTopButton

F-35A初参加の“日米共同訓練”が福岡で始まる…嘉手納基地の負担軽減も目的

ニュース政治・行政

福岡県築上町の航空自衛隊・築城基地を拠点に5日、日米共同訓練が始まりました。

日本海上空や九州西側で“戦闘訓練”

アメリカ軍のF-35A戦闘機

RKB浅上旺太郎「日米合同訓練では初めてアメリカ軍のFー35Aが使われています、いま築城基地を離陸しました」

築城基地からは午前10時ごろ、アメリカ空軍のFー35A戦闘機2機が、続いて、航空自衛隊のFー2戦闘機2機が次々と飛び立っていきました。航空自衛隊とアメリカ空軍は、山口県沖の日本海上空や九州の西側の空域で戦闘機の戦闘訓練をすることにしています。
 

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

ニュース

もっと見る