PageTopButton

高校生の通院費も「ワンコイン」自己負担の上限は医療機関あたり月500円に…福岡市が医療費助成

ニュース政治・行政

福岡市は、来年から医療費の助成対象を高校生の世代まで拡大します。通院の自己負担の上限は、医療機関当たり1か月500円となります。

3歳~18歳まで医療費500円に


子供医療費について福岡市では現在中学生まで助成の対象ですが、来年1月から高校生の世代まで拡大されます。
高校生でなくても18歳になる年の年度末までが対象で、通院の自己負担の上限は、3歳から高校生世代まで月額で一律500円となります。また、入院費については高校生まで無料となります。

福岡市・高島宗一郎市長「家庭の環境に左右されずに医療を受けていただければと思います」

対象は約23万6000人に


今回の拡充で医療費の助成対象となる子供は約23万6000人となり、今月末までに新たな「子ども医療証」が郵送されます。一方、障害のある子供が利用する福祉サービスについて、福岡市は来年1月から未就学児は無料、高校生世代までは月額の上限を3000円とすると発表しました。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

ニュース

もっと見る