PageTopButton

踏切ある路線で初の営業運転「運転士が乗務しない自動運転列車」JR香椎線

JR香椎線で運転士の資格を持たない乗務員による自動運転列車の営業運転が始まり、出発式が開かれました。


JR香椎駅で行なわれた出発式には、JR九州の古宮社長や国土交通省の関係者らが出席しました。
16日のダイヤ改正でJR香椎線では、およそ2割の列車で運転士の資格を持たない乗務員による「自動運転レベル2.5」の営業運転が始まっています。
乗務員が操作を行うのは列車の走行開始と緊急停止の時だけで、駅での停車や速度調整などは自動で行われます。
踏切がある鉄道路線での営業運転への導入は全国初です。


JR九州は自動運転車両の導入で運転士の高齢化などによる人手不足に備えたい考えです。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」