グランドメゾン presents 財津和夫 虹の向こう側

日曜 18:15

財津和夫、アマチュア時代の思い出に触れる

TULIP・財津和夫のトーク番組『グランドメゾン プレゼンツ 財津和夫 虹の向こう側』、9月11日は、プロ野球デーゲーム中継が長くなったため、いつもより30分遅れての放送。

今回は、中学生の時にTULIPのコピーバンドをやっていたというリスナーのメッセージ紹介から転じて、財津のアマチュア時代の話に。TULIPのメンバーは、最初はそれぞれ別のグループで活動していたという。TULIPがメジャーデビューを果たすまでのエピソードは「ここでは語りつくせない。特番を!」と財津が言い出すほど、たくさんのエピソードにあふれているらしい。次回以降、折に触れてもっと語ってもらいたい。

今日の1曲は財津の敬愛するミャージシャンのひとりポール・マッカートニーの「ひとりぼっちのロンリー・ナイト」。1984年のリリース。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

番組SNS

  • Radiko
番組
SNS
  • Radiko