震度6弱でも皿1枚割れない部屋。100円ショップにあるもので地震に強い部屋をつくる!

震度6弱でも皿1枚割れない部屋。100円ショップにあるもので地震に強い部屋をつくる!

2018年6月18日、大阪府北部を震度6弱の地震が襲い、各地に甚大な被害をもたらしました。左の写真は、その地震直後に撮影されたあるマンションのリビングルームの写真なのですが・・右の写真もなんと同じマンションの部屋で地震直後の写真!物が散乱している様子が全くないです。実は、誰でも簡単に手に入る物で地震に負けない部屋が作れるんです!

その知恵を授けてくれるのは世界各地の災害地域で救護活動を行ってきた国際災害レスキューナース 辻直美さん。

辻さんの自宅は・・・

しかしなんと至る所に滑り止めシートが!100円ショップにも売っていて、通常ラグマットの下などに敷いたりするのですが、辻さんは防災対応として使っているそうなんです!

上の写真は震度6直後の辻さん宅のキッチン。お隣さんのキッチンは棚という棚からキッチンツールや皿が落ち、ぐちゃぐちゃに。その差は・・

物を吊り下げるために使うS字フック! 引き戸のストッパーにして活用しています! 吊り棚も留め具を100円ショップで手に入れています。これは子供のいたずら防止の引き戸ロックですが、地震の際にも中の物の落下が防げます。

“100均防災”の実力は?

この“100均防災”の実力を地震体験装置で検証しました! 震度7の場合、いとも簡単に本棚は倒れてしまいます。この激しい揺れを100均グッズで本当に防げるのでしょうか?

  1. まず、棚を壁から3cm離します。
  2. 100均グッズの耐震板を足元に噛まして、家具を壁にもたれかけさせます。
  3. 冬服などを詰めた段ボールを棚の上に置いて、天井との隙間を埋めます。
  4. 滑り止めシートを棚の内側に貼っていきます。
  5. 本棚の中でも1番下に大きな思い本を詰めていきます。

 
こうすることで本棚の重心が低くなり、耐震板がより効果を発揮します!

実際に震度7の揺れでどうなるのか試してみると・・

なんと本は1冊も落ちることなく、棚も倒れませんでした!

誰でも手軽にできる“100均防災”。その実力は100円を遥かに超えました!

金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

PR