PageTopButton

福岡・北九州ベスト5グルメ 非豚骨ラーメン編

福岡市の人気ラーメン店ランキング

福岡県内でここ数年ブームとなっている「非豚骨ラーメン」。福岡市民・北九州市民各300人におすすめのラーメン店を聞き込んで、非豚骨ラーメン店ベスト5を予想。

去年のM-1ファイナリスト・ヨネダ2000と、1日5杯ものラーメンを完食するほどのラーメン好き・パンサー尾形が、福岡と北九州を旅しながら、人気の一杯を探す旅に出かけてきました!

第5位「麺場 彰膳」(城南区片江)

5位にランクインしたのは、城南区片江にある「麺場 彰膳」。4種類の味噌から好きな味噌を選べるシステムです。

一番人気は「北海道味噌らーめん」(1,370円、炙りチャーシュー3枚トッピング)。濃厚かつ芳醇な味わいが支持されています。

第4位「らーめんはや川」(南区玉川町)

第4位は、行列ができる人気店「らーめんはや川」。信州味噌など3種類をブレンドした「濃厚味噌らーめん」が一番人気です。

第3位「明鏡志水」(博多区博多駅中央街)

博多デイトスの地下1階にある「明鏡志水」は、料理人の秋吉雄一郎さんが始めたラーメン店。秋吉さんは、フランスの日本大使館で公邸料理人を務め、京都の老舗料亭で腕をふるっていた実力の持ち主です。

博多駅のホームで期間限定店としてオープンしていましたが、あまりに人気が高まり2年前に店舗となりました。

「特製 塩らぁ麺」(1,250円)のスープは、九州産のしいたけや昆布、カツオをベースにするなど、日本ならではの食材で仕上げます。九州産の鶏ミンチをスープに入れて鶏のうまみを引き出します。

第2位「博多川端どさんこ 本店」(博多区上川端町)

「博多川端どさんこ 本店」は、お昼時はつねに満席の繁盛店。アパレル業界から転職したという2代目の岩永太郎さんが切り盛りしています。

スープは豚骨と丸鶏でとった鶏ガラスープ。そこに、地元野菜のうまみが加わった自家製の味噌ダレを加えます。中華鍋でしっかりと熱を入れることでスープと味噌ダレが絡み、味に深みが出るのだとか。

看板の「特製みそラーメン」(800円)は、毎日食べても飽きないようあっさりとした味わいで作られています。

第1位「中華そば 郷家」(南区寺塚)

平成6年創業の「中華そば 郷家」(南区寺塚)は、博多魚系ラーメンのパイオニア的存在です。一番人気は「辛ネギそば」(820円)。煮干しの風味がふわりと香ります。

<番外編>第7位「支那そば 月や」(博多区店屋町)

博多区店屋町に本店を構える「支那そば 月や」。スープには、極上のコクと甘みを追求した3種類の九州醤油と鶏ガラを使用。スープに絡みやすい中太のちぢれ麺に大判の肩ロースチャーシューがトッピングされます。

いただいたのは、一番人気の「支那そば」(650円)。あっさりしたスープと食べごたえのある麺がクセになります。

北九州市の人気ラーメン店ランキング

<同率>第4位「二代目麺やKEIJIRO」(八幡西区大浦)

「二代目麺やKEIJIRO」は沖縄発祥のラーメン店。看板メニューの「温玉まぜ麺」(850円)は、カツオが香る醤油ベースのタレに、平打ちの中太麺がしっかりと絡みます。

<同率>第4位「四方平」(小倉北区京町)

創業85年の「四方平」は、寿司店から始まった老舗です。巻き寿司付きの「ラーメンセット」(750円)はめずらしい組み合わせ。鶏ガラベースのあっさり白濁スープは、お寿司との相性もばっちりです。

第3位「太陽軒」(小倉北区鍛冶町)

創業55年の「太陽軒」は、「締めの名店」として愛される老舗。鶏ガラベースのスープからできあがったのは、なんと「アサリバターラーメン」(850円)。バターを溶かすと広がるうまみと香りがやみつきになります。

第2位「札幌らーめん時計台」(戸畑区旭町)

「札幌らーめん時計台」(戸畑区旭町)は、北九州ではめずらしい味噌ラーメン店。「味噌らーめん(バタートッピング)」(880円)をいただきました。

おいしさの秘密は、鶏ガラと6種類の野菜で煮込んだ特製のスープ。味の決め手となる味噌にも、野菜のうまみがしっかりと溶け込んでいます。

第1位「新田屋 梟」(小倉魚町)

魚町銀天街に店を構える「新田屋 梟」(北九州市小倉北区魚町)は濃厚な担々麺が自慢の人気店。ラー油や豆板醤などが入った醤油ベースのタレでつくる特製スープに、もっちりしたちぢれ麺を合わせます。

仕上げの自家製マー油が味わいのアクセントに。程よい酸味がさわやかな一杯です。

<番外編>第7位「耕治 魚町本店」(小倉北区魚町)

小倉を代表する老舗中華料理店「耕治 魚町本店」。松本清張をはじめ、多くの文豪にも愛された名店です。

本格中華が並ぶなか、手ごろに味わえるのが開業当時から人気の「ラーメン」(1,100円)。醤油ダレのコクと香りが感じられる、珠玉の一杯です。

<番外編>「馬賊」(若松区中川町)

地元で愛されて18年のラーメン専門店「馬賊」(若松区中川町)。いただいたのは「モツニラそば」(880円)。ここでしか味わえない一品です。

鶏ガラをベースに野菜や昆布などであっさりと仕上げたスープに、弾力のあるちぢれ麺を使用。国産のモツと新鮮なニラの食感、揚げにんにくの風味がたまらない!

3種類の豚骨を高温で炊き上げた、看板メニューの「馬賊ラーメン」(860円)も要チェックです。


人気が高まり続けている「非豚骨ラーメン」。行きたいお店は見つかりましたか?

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」