PageTopButton

オスプレイ配備めぐり 地権者が駐屯地工事の差し止め請求 佐賀地裁に

陸上自衛隊の輸送機オスプレイを配備するため、佐賀空港では今、駐屯地を建設する工事が進められています。これに対し配備に反対する地権者が、工事の中止を求める仮処分を裁判所に申し立てました。

地権者3人が駐屯地の工事中止を求める申立書


29日午後、佐賀地裁を訪れたのは、佐賀空港西側の土地の地権者3人です。地権者たちは、陸上自衛隊の輸送機オスプレイが配備される駐屯地の工事中止を求める申立書を佐賀地裁に提出しました。
 

地権者でつくる協議会が土地の売却決定した


「オスプレイ」の配備をめぐっては、今年5月、地権者で作る協議会が総会を開き、3分の2以上の多数で土地の売却を決定しました。

その1か月後、6月12日に防衛省は駐屯地の建設工事に着手しました。

申し立てた地権者「協議会に土地売却の権限はない」


今回の申し立てでは、土地は地権者の共有地で、売却には全員の同意が必要な上、そもそも協議会には土地を売却する権限はないと訴えています。

原告 古賀初次さん
「国は私たちの声を全然聴くすべもなく工事をどんどん進めている。あの姿をみたら本当に歯がゆい思いでいっぱいです」

24時間工事 ダンプカーなど1日190台が運行


駐屯地の工事は24時間態勢で進められています。これまでダンプカーによる土砂などの運搬は朝から夕方まででしたが、8月15日からは夜間の運搬を開始。1日あたり120台だった運行台数も190台に増えました。住民は不安を口にします。

近くに住む人
「主人が運転します。ダンプの真後ろは前面の信号が見えないから状況把握が非常に難しいなと言ってましたので、そのへんは懸念しています」
「高齢者の横断も怖いですけど、お子さんもこれから日が落ちるのが早くなって来るとやっぱり大きい車からは視認しにくいかなという感じはします」

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

深掘り!特集

もっと見る