PageTopButton

ありがとう~こどもたちの世界一短い感謝状~ 2023年10月

普段なかなか口にできない感謝の言葉を140文字に込めた手紙、それが「ありがとう~こどもたちの世界一短い感謝状~」です。
感謝の気持ちを伝える相手は、お父さんやお母さん、友だちなどの「人」から、ランドセルのような「物」までさまざま。
こどもたちの感動的な「ありがとう」に涙、ユニークな「ありがとう」には思わず笑いがあふれること間違いありません。
作品は福岡県内各地の小中学校から募集しています。

新型コロナウイルスの影響でこどもたちの生活も一変し、こどもの心身にも大きな影響を与えたはずです。
33回目を迎えた「ありがとう」は、子どもたちが日常とは大きく異なるコロナ禍で感じた「ありがとう」も紹介していきます。

応募作品はRKBラジオ「Toi toi toi」(月曜~木曜)・「Weekend Live あんたっちゃぶる」(金曜)の番組内とこちらのホームページで毎週ご紹介していきます。

また、応募作品の中から、10作品を「個人賞」として選び、番組内とホームページで発表します。

大賀薬局ロゴ

10月2日(月)
福岡市立和白丘中学校2年7組
松下 航介

アルバムには、小さな私と小さなあなた。
今では私の方が随分と大きくなってしまったね。少しずつ解れて汚れも
目立つようになってきた。楽しい時も悲しい時も、見守ってくれてありがとう。
あなたは私の大切な大切なうさぎのぬいぐるみ。これからもずっと一緒だよ。

10月2日(月)
大牟田市立田隈中学校1年2組
坂口 真央

私は、この世にある物や人にありがとうと伝えたいです。いつも野菜を育てて
売ってくれてありがとうございます。いつも授業をしてくださってありがとうございます。
いつも洗たくやご飯を作ってくれてありがとう。いろんな人にありがとうと
感謝を直接伝えられていないので、直接伝えてみたいと思います。

10月3日(火)
福岡海星女子学院付属小学校5年1組
吉永 悠乃

今年の三月にお父さんが天国へ行きました。私はお父さんに色々な事を
おそわりました。一つ目は、チャレンジです。どんな時でもまよわずチャレンジ
をするという言葉がきっかけで自信を持つ事ができました。
毎日チャレンジをすることが大好きなお父さんは、世界一でした。
お父さん本当にありがとう。

10月3日(火)
敬愛中学校2年2組
豊田 紘与

私は音楽が大好きです。毎日大変で明日なんか来なければいいのにと
思い悩む事があります。だけれど、音楽を聴いていると美しい音色や
綺麗な声で違う世界にいるような感覚になります。
その音楽の背中をおされるような感じがして毎日頑張れます。
音楽、いつも支えてくれてありがとう。

10月4日(水)
福岡市立和白丘中学校2年4組
松井 拓郎

かわいいかわいい愛犬へ。毎日僕の心を癒してくれてあがとう。
僕が怒っているときも、泣いているときも、小さい体をスリスリ寄せてきて
つぶらな瞳をこっちに向ける。この瞬間が最高にたまらなかった。
僕の愛犬は、人を笑顔にする天才だ。これからも、たくさんの人を笑顔にしてね。

10月4日(水)
小郡市立御原小学校4年1組
後藤 蒼波

ごみ収集車の人にありがとう。いつも私たちが出すごみを、暑い日も寒い日も
集めてくれてありがとう。それを新しい物に変えてくれる人たちへもありがとう。
その人たちがいないと地球はごみだらけ。ごみを集めてくれているから
私たちが気持ちよくくらせる。これからも体に気をつけてお仕事がんばってください。

10月5日(木)
大牟田市立田隈中学校3年2組
境 颯馬

見守り隊の人達へ。いつも僕達が安全に登校できるように朝早くから
見守ってくださってありがとうございます。
車がよく通る道でも、見守り隊の人達のおかげで安全にスムーズに
通ることができます。また、いつもあいさつをしてくださるのも気持ちがいいです。
いつも本当にありがとうございます。

10月5日(木)
敬愛中学校1年2組
安永 美咲希

妹たちへ。ありがとう13才差と11才差の妹3人。
少し複雑だけど大切な妹たち。ずっと一人っ子で、これからも一人っ子だと
思っていました。けど、赤ちゃんがいると聞いてとてもうれしかった。
お母さんたちありがとう。立派なお姉ちゃんとしてこれからもがんばります。
私の妹になってくれてありがとう。

10月6日(金)
福岡市立和白丘中学校2年2組
大原 諒太

「あいつは今何してるんだろう。」幼稚園の時に出会った友達。
卒園して以来会っていない。連絡先すら分からない、久しぶりに会いたい
そう思っていた。ある日の部活後、彼はいた。野球のユニフォーム姿だった。
すぐに声をかけて話したら、まだおもかげがあってうれしかった。
僕は大事な友達と再会をはたせたんだ。

10月6日(金)
福岡海星女子学院付属小学校2年1組
小椎尾 興映

夏休みに17かいきと言うほうじにさんかして、ひいおばあちゃんが17年前まで
元気だったと言うことを知りました。ぼくは、どんな人だったのかなぁと
考えながら手を合わせました。ひいおばあちゃんがいなかったら
ぼくは生きていなかった。会ったことはないけれど、ひいおばあちゃんありがとう。

10月9日(月)
小郡市立御原小学校3年1組
山野 優奈

森の大自然へ。
ありがとう森の大自然。あんなにきれいな大っきな緑、作る事もできない
大っきな緑。木の間にかこまれると、何だか楽しい気持ちがするんだ!
家族で行くと気持ちのいい大自然のかおり、すずしい風の温どが
気分をきれいにしてくれる。もっともっとわたしたちを大切につつんで。

10月9日(月)
福岡市立和白丘中学校2年2組
一戸 陽奈子

私のお母さんは、文句の一つも言わずに、まだ幼い弟の世話と家事を
毎日こなしてくれている。私だって役に立ちたい、と思い弟をだっこしても
泣き止まず、結局はお母さんが全てやってくれていた。大変だろうに
毎日がんばってくれているお母さんに、私は心を込めて感謝しようと思う。
いつもありがとう。

10月10日(火)
大牟田市立田隈中学校3年4組
浦 結花

私が今一番感謝の気持ちを伝えたい人は姉です。一緒に怖い映画を見て、
一緒に勉強して、いつも私の一番の味方は姉でした。そんな姉も
もうすぐ大学受験です。姉が私の味方をしてくれたように、辛い時は
ありがとうの気持ちをこめて私が支えます。
ダブル受験も二人三脚でのりこえていきたいです。

10月10日(火)
福岡海星女子学院付属小学校2年1組
光原 大き

ぼくは、いのちのまつりという本を読んで、ぼくには、なん千人、なん万人い上の
ごせんぞさまがいることを知りました。おじいちゃんとおばあちゃん、
おじいちゃんのおとうさんとおかあさん、そのまたおとうさん。すべてのごせんぞさま、
ぼくにいのちをつなげてくれて、ありがとうございます。

10月11日(水)
小郡市立御原小学校1年1組
岩下 暖

わたしがありがとうをいいたいのは、かぶとむしのもぐです。
もぐは、きょねんたまごをうんでくれました。そのたまごは、かえって
ようちゅうになり、おおきくなってさなぎになって、せいちゅうになりました。
いまは、さんびきがとてもげんきにそだっています。
さんびきが、たまごをうむのがたのしみです。

10月11日(水)
福津市立上西郷小学校年6年1組
緒方 望結

私は、いつも気づかないうちに家族が助けてくれています。家族が家に帰ると、
母がホカホカごはんを作ってくれています。私が宿題にこまっていると、
父がやさしくおしえてくれます。私が自転車で転んでしまったら、
兄が消毒をし、カットバンをはってくれました。いつも皆にやさしい家族に
感謝しています。

10月12日(木)
福岡市立和白丘中学校1年3組
光吉 悠真

「ありがとう」という言葉は、人と人が助け合って交わす魔法の言葉だ。
この魔法の言葉は、言った人言われた人がうれしくなる。
この言葉は何かされたら必ずいいなさいと親から言われている。
僕は沢山、人に助けてもらった。だから心を込めて言いたい、家族、
知り合い、友達、先生に「ありがとう」と。

10月12日(木)
福津市立上西郷小学校年6年1組
藤井 ひなた

私たち人間が生きていくには、酸素が必要だ。その酸素をつくってくれる木に
「ありがとう。」生きるには、食べ物も必要だ。野菜、くだ物を作ってくれる農家の人、
漁をしてくれる人、すべての動植物に「ありがとう。」感謝はこの一つの言葉から
始まる。私を育ててくれた家族、先生、友達に「ありがとう。」

10月13日(金)
広川町立中広川小学校4年1組
阿部 結凪

ぬいぐるみ
わたしはうまれるまえに2ひきのアルパカのぬいぐるみがいました。
1人は白色のしろい、もう一人はピンク色のピンクと名前をつけました。
二人は、わたしがふあんになったときやかなしいときになぐさめてくれます。
いつもありがとう。またいっしょにあそぼうね。

10月13日(金)
小郡市立御原小学校年2年2組
松葉 蘭

天国のじいちゃんへ。
わたしが生まれてから、じいちゃんはびょうきでにゅういんしてたね。
わたしは、そのころまだ0さいで話ができなくて・・・
じいちゃんとはなすこともできないまま天国に行ったね。
今は、家ぞくとたのしくくらしているよ。天国から、みまもってくれて
ありがとう。大すきだよ。

10月16日(月)
福岡市立玄界小学校6年1組
津田 翔達

ぼくが感謝したいのは、7才の時にお父さんに買ってもらったグローブです。
それは黒色でかっこよくて、どのポジションを守る時も、とても使いやすいです。
もう6年目だけど、まだまだこれからも大切に使っていきます。
今までありがとう。そしてこれからもよろしくね。ぼくの大切な一生の宝物だよ。

10月16日(月)
佐賀市立諸富北小学校3年1組
中村 利佳子

おばあちゃんにありがとうの気持ちを伝えます。おばあちゃんは、いつもえ顔で
わたしに元気をくれてありがとう。わたしといっしょに遊んでくれて、ありがとう。
勉強が分からない時教えてくれてありがとう。わたしのお話を聞いてくれて
ありがとう。これからもえ顔でいてね。

10月17日(火)
福岡市立玄界小学校6年1組
井上 愛結

親友にありがとう。私には、大切な親友がいます。いつも元気で周りを明るく
してくれます。一緒に遊んでいると心がつながっているような気がします。
落ちこんでいる時も励ましてくれます。だから私も彼女が落ちこんでいる時は
励ましてあげます。けんかもするけど彼女と私は、これからもずーっと親友です。

10月17日(火)
太宰府市立国分小学校4年3組
井口 晴稀

ぼくのおばあちゃんの家には、茶太郎というねこがいます。みんなからは、
ちゃーぼうとよばれています。このちゃーぼうは、もう何十年も生きていて
おじいちゃんです。茶色と白のしまもようで、おじいちゃんなのに声が高くて
あまえてくるのがかわいいです。
いつもいやしてくれてありがとうございます。

10月18日(水)
福岡市立壱岐丘中学校3年3組
松本 富美

私の家族はとてもさわがしいです。嫌になるほどさわがしい時もあります。
でも、たまにそれが心地よい時があります。そして今の私があるのは
家族のおかげかと思います。そんな家族に感謝を伝えたいです。
一緒に時間を過ごしてくれてありがとう。私のさわがしくて明るい家族は
私の自慢の家族です。

10月18日(水)
福岡市立玄界小学校5年1組
津田 悠吾

両親への感謝状。お父さん、夜は10時まで働き、朝は5時に起きて
船の仕事に行く背中が頼もしいです。お母さん、家族6人分の洗濯物や
洗い物をして、僕達を育ててくれてありがとう。
二人が船や家の仕事をしてくれるからソフトボールを習い健康にくらせています。
この家に生まれてきたことにありがとう。

10月19日(木)
佐賀市立諸富北小学校6年1組
廣重 まりな

おじいちゃん、いつもお空で見守ってくれてありがとう。いつも見守ってくれてるから
うれしいよ。部活がきつくなった時も、おじいちゃんや思い出を
思い出したら勇気づけられてがんばれる。おじいちゃんに一番なついていたね。
いつもやさしかったおじいちゃんが今でも大大大好きだよ。
今後も忘れないでね。

10月19日(木)
太宰府市立国分小学校4年3組
岸川 心奈美

わたしの小さなころからの宝物は、たれ耳うさぎのぬいぐるみです。
ようち園の時に母にかってもらい、やって来ました。いつもいろんな時に
近くにいてくれてありがとう。そして、外にいる時には、お家でお留守番を
してくれてありがとう。これからも大事にするから、やさしく見守っていてね。

10月20日(金)
佐賀市立諸富北小学校3年1組
髙木 詩菜

お母さんへ。私をうんでくれてありがとう。そして、何年も大切に大事に
育ててくれて本当にありがとう。私の好きなおようふくや、のみ物や食べ物を
買ってくれてありがとう。いつもかみもむすんでくれてありがとう。
そしてあいしていてくれて、本当にありがとう。

10月20日(金)
太宰府市立国分小学校1年3組
なかの いつき

ぼくのすきなものは、もにもにちゃんです。
ぼくが1さいのときからいっしょにいるままのパジャマです。ぼくがねるときに
もにもにしてたから、もにもにちゃんです。ままがおせんたくすると
ないちゃうくらいだいすきです。いつもいっしょにねてくれてありがとう。
これからもいっしょだよ。

10月23日(月)
福岡市立壱岐中学校1年2組
石峯 凪

私の忘れられない友人へ。物心ついたときから仲良く遊んでくれてありがとう。
私が引っ越してしまって一度も会えていないけど、あなたたちと過ごした時間は
今の私の宝物です。つらいことがあっても、乗り越えられるのは
またあなたたちに会えるのを信じているからです。
あの頃を宝物にしてくれてありがとう。

10月23日(月)
太宰府市立国分小学校6年1組
岩橋 智也

ありがとう、広場の大きないちょうの木。太陽がギラギラと照りつける暑い日は、
日ざしからぼく達を守り、日かげを作ってくれてありがとう。
にわか雨が降りだした時には、つめたい雨から守ってくれてありがあとう。
いつもそこにいてぼく達が集まり、楽しく遊べる場所を作ってくれてありがとう。

10月24日(火)
直方市立植木中学校3年1組
佐々木 彩羽

あと8か月。残りの時間を過ごす植木中にありがとうを言おうと思う。
入学したての時、とてもわくわくしていた。二年生の時、勉強が難しくなって
焦っていた。そして今、もう三年かと時間が経つ速さに驚いている。
きっと8ヵ月なんてすぐ過ぎるだろうから、1日1日のありがとうを
心を込めて言おう。

10月24日(火)
佐賀市立諸富北小学校5年1組
岩永 莉桜奈

おじいちゃんへ。私が熱出た時、おばあちゃんと面倒見てくれてありがとう。
おじいちゃんの笑顔で私はいやされます。ずっと遊んでくれて楽しかったよ。
今はもうここにいないけど、今まで幸せをあげてくれて本当にありがとう。
ずっと笑顔でいてくれた優しいおじいちゃんに感謝だよ。
天国でも元気でね。

10月25日(水)
太宰府市立国分小学校4年3組
大熊 莉心

私の父は、とても働き者です。朝5時には家を出て行き、いつも夜おそくに
帰ってきます。父の仕事は、電気工事で、今はマンションの23階建てで
電気の照明をつけています。あと、もう少しで完成するそうです。
私は、そんな働き者の父をそんけいしています。私はがんばり屋の父に
感謝状を送りたいです。

10月25日(水)
福津市立神興小学校年6年1組
吉村 琥珀

空や空気、風などの自然たち、ありがとう。空気などのおかげで
私達は生きることができる。空などのおかげできれい、幸せと思うことができる。
自然のものには厄災を起こすこともある。それは私にとっては
自然が怒っていると考える。だからどう静まるか考える。私は自然と向き合い
感謝しながら暮らしたい。

10月26日(木)
直方市立植木中学校3年1組
柳川 瑞絺

ありがとうお母さん。私を産んでくれてありがとう。
あまり伝える機会がない、一番大きな思いであり気持ち。
私が友だちと遊んだり、勉強したり、朝起きることができなかったりする
日常は、お母さんが命がけで作ってくれた奇跡。その一日一日を
これまでもこれからも大切に生きようと思います。ありがとう。

10月26日(木)
太宰府市立国分小学校年4年1組
吉野 智貴

ぼくのたから物はくまの人形くうちゃんです。
この人形は、USJに行った時に買ってもらいました。くうちゃんは
ぼくがえらんだ中でも最高な人形です。いやなことがあった時や、さみしい時は
くうちゃんをだっこします。旅行に行く時やねる時は、いつもいっしょです。
ぼくのところに来てくれてありがとう。

10月27日(金)
佐賀市立諸富北小学校3年1組
カバシマ ミサキ

おとうさん、いつもカブトムシをそだててくれてありがとう。
きょ年わたしがとってきたカブトムシが、たまごをうんで、ことし
せい虫になりました。土をかえたり、カゴをわけたりしてくれてありがとう。
これからは、ゼリーのこうかんをしたり、わたしもおせわをがんばります。

10月27日(金)
直方市立植木中学校年3年1組
有吉 渡

ありがとう、兄ちゃん。
変なとこでキレたり、末っ子だからという理由で甘えたりしました。
時にはケンカしたり、勉強を教えてもらってるのに、やる気のない発言を
してしまいました。今じゃ兄ちゃん達とのケンカはなくなり、
仲よくして遊んでくれるそんな兄ちゃん達が大好きです。ありがとう。

10月30日(月)
福岡市立城西中学校2年3組
太田 紘人

ある日家にサザナミインコのピースがやってきた。その日からぼくの生活が
変わっていった。毎日えさをあげ、時には一緒に遊んだり、そんなピーズに
ありがとうを伝える。家に来てくれてありがとう。いつも楽しくしてくれてありがとう。
そんなピースがとても大好きだ。これからもよろしくな!

10月30日(月)
行橋市立仲津小学校4年2組
稲田 雅之

いつもやさしいおばあちゃん。家に行くと、庭で自転車の特訓をしてくれたね。
上手に乗れるようになったよ。習字のコツや、たまごやきの作り方も
やさしく教えてくれたね。ぼくが生まれてからずっと、笑顔で見守ってくれてありがとう。
いつまでも元気でいてね。大好きなおばあちゃん。

10月31日(火)
太宰府市立国分小学校2年2組
山縣 なつめ

ランドセルさんへ。いつも学校へからっていますが、わたしのだいじな
教か書や、ふでばこをはこんでくれてありがとう。ランドセルをあける時
万げきょうのお花がいっぱいで、うれしいきもちになります。これからも
ランドセルを大切にやさしくあつかいたいです。これからもよろしくね。

10月31日(火)
福岡市立那珂中学校1年3組
中村 友津

今までお疲れ様でした。いつも笑顔で話しかけてくれたこと、優しく
分かりやすく教えてくれたことは忘れません。先輩のおかげで
いつも部活が楽しかったです。私も先輩の人を感動させることのできる音に
近づけられるよう頑張ります。先輩は私の憧れです。
私の先輩になってくれてありがとうございました。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」