PageTopButton

“異色の経歴”の片山昭人氏が福岡地裁のトップに就任…裁判官→弁護士に転身し「企業紛争の解決や買収」を担当→再び裁判官になる

福岡地裁の新たなトップに片山昭人氏が就任し28日、就任会見が開かれました。片山氏は「利用者の期待やニーズを把握し、質の高い司法サービスを提供したい」と意気込みを語りました。


◆裁判官から弁護士に転身し「紛争解決や企業買収」を担う
今月1日付で福岡地裁の所長に就任したのは片山昭人氏です。片山所長は徳島県出身の62歳で、東京大学法学部を卒業後、36年前に裁判官になりました。3年間勤務した後、一度裁判官を辞めて弁護士となり、企業の紛争解決や買収などに携わりました。


◆再び裁判官に…「組織の活性化が必要」
16年前に再び裁判官となり、福岡地裁判事部総括や熊本地裁の所長などを歴任。福岡地裁トップへの就任にあたって片山氏は「利用者の期待やニーズを把握し、質の高い司法サービスを提供したい」と話しています。また、質の高い司法サービスを提供するためには組織の活性化が必要だと説明し、「主体性を持ち、チームとして連携して生き生きと働く組織作りに努めたい」と意気込みを語りました。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」