PageTopButton

墜落受け オスプレイの飛行展示中止 陸自駐屯地の創立記念行事

ニュース政治・行政
佐賀県吉野ヶ里町の陸上自衛隊目達原駐屯地では、創立記念行事が行われています。
当初予定されていたオスプレイのデモフライトは、アメリカ軍の墜落事故を受け、中止されました。


吉野ヶ里町の目達原駐屯地では、3日午前8時半から駐屯地を一般に開放して、創立69周年を記念したイベントが開かれています
会場には、戦闘機の操縦桿や戦車などが展示されているほか、バルーンの体験ができるコーナーも設けられています。


当初このイベントでは、陸上自衛隊のオスプレイのデモフライトが行われる予定で、飛行訓練も行われていましたが、先月29日にアメリカ軍のオスプレイが屋久島沖で墜落した事故を受け、中止されました。
このイベントは午後3時まで開かれています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

ニュース

もっと見る