PageTopButton

「調査報告が公開されるまで運用止めて」オスプレイ墜落の “原因究明”と“配備撤回”を求める市民団体が要請書-九州防衛局

ニュース政治・行政

鹿児島県屋久島沖で先月起きたアメリカ軍のオスプレイ墜落事故を受け、市民団体が九州防衛局(福岡市博多区)に対し、事故の調査報告と配備撤回の要請書を5日、提出しました。

事故に至る詳細開示を“要請”

要請書を出したのは九州各県で平和運動を行っている市民団体です。垂直離着陸ができるアメリカ軍の輸送機オスプレイが先月29日、鹿児島県屋久島沖で墜落したことに抗議するとともに、飛行経路の詳細などの事故に至ったいきさつの詳細を開示することなどを求めています。

平和・人権・環境福岡フォーラム・松尾純一事務局長「原因をきちんと究明し公開して欲しいと思っています」
戦争の道を許さない福岡県フォーラム・前海満広事務局長「オスプレイは開発段階から事故を起こしていましたので、欠陥機じゃないかと私たちは一貫して申し入れをしてきました」
 

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

ニュース

もっと見る