PageTopButton

子育て支援など「次世代投資枠」に111億円を計上、北九州市の新年度予算案は過去2番目の規模に

ニュース政治・行政

北九州市の新年度予算案は約6300億円と過去2番目の規模となりました。行財政改革で財源を捻出し新たに設けた「次世代投資枠」に約111億円を計上しています。

総額6279億円は過去2番目の規模、「次世代投資枠」に111億円計上

北九州市の新年度予算案は、一般会計の総額が約6279億円で、過去2番目の規模となっています。予算案の作成にあたって北九州市立美術館分館を休止するなど1288の事業を見直し、151億円の財源を捻出したということです。その分、子育て支援や公共施設の老朽化対策などのため新たに設ける「次世代投資枠」に111億円を計上しています。
 


北九州市 武内和久市長「今年の予算の最重点は空港と若者子供」

特に力を入れている子供と若者を応援する事業には第2子以降の保育料の無償化など、41億円を計上。また、北九州空港とJR小倉駅や朽網駅を結ぶエアポートバスの増便や九州唯一となる国内貨物定期便の就航支援など、北九州空港の活性化の関連予算としておよそ16億円を計上しています。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

ニュース

もっと見る