タダイマ!

月~金曜 15:40
番組SNS
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • TikTok
32年の歴史に幕‼天神のランドマーク「イムズ」閉店ルポ

32年の歴史に幕‼天神のランドマーク「イムズ」閉店ルポ

今から32年前の平成元年(1989年)4月12日、天神にオープンしたひときわ異彩を放つ八角形のビル「イムズ」。(正式名称インター・メディア・ステーション)

情報発信基地”をコンセプトに、地下2階から地上8階までの巨大な吹き抜け構造の建物は、自動車メーカーのショールームなどが入る画期的な施設として注目されました。当時の天神エリアは、イムズ開業の半月前に、「ソラリアステージ」がオープンするなど、現在進行中の天神ビッグバンにも似た再開発ラッシュで輝く天神の象徴でした。

そのイムズが、天神ビッグバンによる再開発のため、今年(2021年)8月いっぱいで閉館します。

今回は「イムズがなければ、イムズマンもギンギラ太陽’Sも生まれてなかった」と話すギンギラ太陽’S主宰の大塚ムネトさんと共にイムズ32年間の功績をたどりました。

画期的だった、入口にある花屋さん/Hibiya-Kadan-Style

天神・渡辺通り沿いの正面エントランスを入ってすぐ出迎えてくれたのは”生活の中の花”を提案する花屋さん「Hibiya-Kadan-Style」。

商業施設の入口に生花店を配置するというスタイルは、今でこそ珍しくないのですが、32年前のイムズ創業当時は、前代未聞の発想でした。

天神ど真ん中、通行客が多く人目につきやすい入口にある花屋さんは、「敷居が低くてここなら買いやすい!」と、普段は花を買うのが恥ずかしい男性客のニーズも獲得しました。イムズで花を買って、その場でプロポーズした!というエピソードもあったそうです。

●Hibiya-Kadan-Style
問:(092)733-2184

レシピは約100種類!/Mrs.-Elizabeth-Muffin

天神地下街から直結する便利さもイムズの魅力でした。地下街から入ると、甘くて美味しそうな香り漂う「Mrs.-Elizabeth-Muffin」が待っています。

イムズ創業当初から32年間続くお店のひとつです。
今でも店内のキッチンで作られている出来立てのマフィン。季節の旬の素材を使うレシピは約100種類もあるとか。

オリジナルデザインの紙袋が「Mrs.-Elizabeth-Muffin」の代名詞で、一目でわかる手土産もイムズが発信した文化のひとつです。

・フレッシュバナナマフィン・・・214円 ※テイクアウト
・クリームチーズ トップドチョコレート・・・300円 ※テイクアウト

●Mrs.-Elizabeth-Muffin
問:(092)733-2083

シャンゼリゼ通りの香りが迎える/Octa Hotel

こちらも、創業当時から福岡の女性たちを魅了し続けてきたお店「Octa Hotel」。

店内に一歩足を踏み入れるとパリ・シャンゼリゼ通りの香りが出迎え、カウンターにはレセプションの文字とキーケースが並んでいます。

“パリ8区にある架空の三ツ星プチホテル”をコンセプトに、フレンチテイストの雑貨や装飾品が女性客を出迎えてきました。

ただ物を売るだけではなく、ユーザーと繋ぐストーリーをいかに作るのか、この「Octa Hotel」は細部までこだわった内装と世界観でお客さんとの素敵なストーリーを作り続けてきました。

●Octa Hotel
問:(092)733-2145

誰もがビールで乾杯した/BEER&GRILL KIRIN SOWSOW

12階の解放感あふれるレストランエリア”イムズテラス”も多くのファンで賑わいました。

KIRIN SOWSOW」は、創業当時から変わらない味と雰囲気で愛され続けたビアレストランです。最大140名の客席は、いつも満席。

パワフルでバイタリティ溢れる現在の店長・納富さんは、23年間イムズと共に人生を歩んできました。学生時代から「イムズ」でアルバイトをしたり、バンド活動でイムズホールを利用したりと「イムズ」とは深い繋がりがあります。実は、奥様との出会いもここイムズの中華料理屋さんだったとか!

・ナシゴレンランチ スープ・ドリンク付き・・・1,430円

●BEER&GRILL KIRIN SOWSOW
問:(092)733-2073

福岡に愛された32年。ありがとうイムズ

イムズを象徴する場所をもう一つ、地下2階の「イムズプラザ」です。ここは様々なイベントが行われ、さらに天神の待ち合わせスポットの鉄板場所ともなりました。

地下2階から見上げる吹き抜けの迫力と、シースルーのエレベーターは当時まだ珍しく、建造物としてもかなりユニークなものでした。

画期的だったらせん状のエスカレーターや、見上げてもまぶしくないように調整されたライトなど、随所に細やかな心遣いと創意工夫が施されていました。

7月にはイムズの閉館を惜しむ人たちが集まって「おしまイムズ!~イムズを語り合う最後の社会科見学~」が開催されました。

建築当時、若手設計士として参加されていて、現在は鹿児島大学の鰺坂教授の姿もありました。イムズの造形にあわせた扉の取手やエレベーターのボタン枠など、こだわって特注で作ったという設計秘話を聞くことができました。

それぞれの思いがたくさん詰まった「イムズ」は今月8月いっぱいで32年間の歴史に幕を下ろします。

数え切れないほどの人と人との出会いを生み出してきたイムズ、32年間本当にありがとうございました。

 

☆福岡テンジン大学
「イムズへのきもち~言の葉おくり~」
日時:8月28日(土)
午前10時~午後4時30分
場所:イムズ11階
※申込不要・途中参加自由

☆ギンギラ太陽’Sイムズ芝居FINAL!「おしまイムズ、吹き抜けよ永遠に!」
日時:8月25日(水)・26日(木)・27(金)・28日(土)
場所:イムズ9階 イムズホール
問:ピクニック チケットセンター 050-3539-8330
(平日 正午~午後3時)

●イムズ/福岡市中央区天神1-7-11
問:(092)733-2001

2021年8月12日放送

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.05.14
  • 暮らし
  • テレビ
2022.05.13
  • 暮らし
  • テレビ
2022.05.13
  • 暮らし
  • テレビ
番組
SNS
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • TikTok