70回記念 2022別府大分毎日マラソン

2022年2月6日日曜 11:50
初マラソンの西山雄介(トヨタ自動車)が大会新記録でV!6人がMGCの出場権を獲得。

初マラソンの西山雄介(トヨタ自動車)が大会新記録でV!6人がMGCの出場権を獲得。

※360°カメラをスマートフォンにてご視聴の際は、下記リンクよりご視聴ください。

 

昨年の中止を経て2年ぶりに開催された第70回別府大分毎日マラソンは、晴天の中、スタート(スタート地点の気温4.9度、風速5.9m)。

レースは34キロ過ぎでペースが上がり、先頭集団は6人に。その後、36キロ手前で古賀淳紫(安川電機)が向かい風の中スパートし抜け出しを図るが、初マラソンの西山(トヨタ)をはじめ鎧坂(旭化成)、藤曲(トヨタ自動車九州)が食らいついていく。

40キロ手前で先頭を走る古賀(安川電機)に西山(トヨタ)、鎧坂(旭化成)が追いつき三つ巴の展開になるが、40キロ過ぎで西山(トヨタ)がスパート、二人を振り切りそのまま大会新記録で優勝。パリ五輪マラソン日本代表選考競技会レース「MGC」への出場権を獲得し、オレゴン世界陸上の出場権もたぐり寄せた。

優勝
西山雄介(トヨタ自動車) 2時間7分47秒(大会新記録)
2位
鎧坂哲哉(旭化成) 2時間7分55秒(大会新記録)
3位
藤曲寛人(トヨタ自動車九州) 2時間8分20秒
4位
古賀淳紫(安川電機) 2時間8分30秒
5位
相葉直紀(中電工) 2時間8分44秒
6位
中西亮貴(トーエネック) 2時間8分51秒

以上6名がパリ五輪マラソン日本代表選考競技会「MGC」出場権を獲得

 

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容