PageTopButton

市長の“パワハラ行為” 議会が百条委員会設置 市長は辞職せず「職員との信頼関係つくっていく」

ニュース政治・行政

パワハラ発言をしたとして複数の職員から市の公平委員会に申し立てられた福岡県宮若市の塩川秀敏市長(75)が、市議会で陳謝しました。一方、市議会はパワハラ問題に関する調査特別委員会を設置することを決めました。

市長「不徳の致すところ」議会冒頭で陳謝

 

塩川秀敏市長
「職員の職場環境を整える最たる責任者たるものがその言動により職員に公平委員会に申し立てを行うほどの思いをさせてしまったたことについて私の不徳の致すところであり、そのような思いをさせた職員に対して深くお詫びを申し上げます」

宮若市の塩川秀敏市長は、12月1日に開かれた市議会の冒頭で陳謝しました。

複数の職員が職場環境の改善申し立て

ドライブレコーダーに記録された映像

市長「運転手やったら自分のスマホ見るんか」
職員「すみません」
市長「すみませんですむか!」

塩川市長についてはパワハラ行為を理由に複数の職員が市の公平委員会に対し職場環境の改善を申し立てています。

百条委員会の設置 全会一致で可決

 

市議会では市長のパワハラに関する調査特別委員会、いわゆる百条委員会の設置が全会一致で可決されました。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

ニュース

もっと見る