PageTopButton

職員に対する市長のパワハラ行為 百条委員会が初会合 今年度中に調査報告書 福岡宮若市

ニュース政治・行政

福岡県宮若市の塩川秀敏市長が複数の職員に対してパワハラ発言をしたとされる問題で、宮若市議会では、パワハラ行為について調査する百条委員会の初めての会合が開かれました。

委員長と副委員長を任命

 

塩川秀敏市長の職員に対するパワハラ問題について事実関係を調査するため設置された調査特別委員会、いわゆる百条委員会。12月6日の初会合では、委員長と副委員長が任命されました。

複数の職員が公平員会に改善申し立て

 

市長の言動をめぐっては、複数の職員が市の公平委員会に対して「パワハラ行為があった」として職場環境の改善を申し立てています。

記録された市長の言動

 

関係者が提供したドライブレコーダーや音声データには、車の後部座席から声を荒らげる様子や、職員に対して「辞めろ」などと叱責する音声が記録されていました。

関係者提供のドライブレコーダー

塩川秀敏市長「運転手やったら自分のスマホ見るんか」
職員「すみません」
市長「すみませんですむか!」

関係者提供の音声

塩川秀敏市長「今失敗してガンガン言われた方が良い」「それに耐えきらんかったら辞めろ」「この役を務まらん奴は辞めるしかなかろう」

市長も「パワハラ」との認識示す

 

市長は、12月1日、会見で自らの行為は「パワハラ」にあたるとの認識を示し謝罪しています。

幹部職員と労組が百条委員会の設置を要望

 

一方、議会には市職員による労働組合と、26人いる課長のうち25人が、百条委員会の設置を求めていました。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」

ニュース

もっと見る