ホークス 嶺井捕手が入団会見「東浜投手とバッテリー組めるなら光栄」

ホークスに新たに入団することになったキャッチャーの嶺井博希(みねいひろき)選手が23日、入団会見に臨みました。同じ沖縄出身の東浜投手とバッテリーを組むのか、注目です。

「東浜投手とバッテリー組めるなら光栄」

DeNAから国内フリーエージェント権を行使し、ホークスに入団した嶺井博希選手31歳。ポジションはキャッチャーで、プロ9年目の今シーズンは自己最多の93試合に出場しました。同じ沖縄出身で、高校・大学の1学年上の東浜投手とバッテリーを組むのか、期待が高まります。

嶺井選手「自分が大学3年のとき以来なんですけど、テレビであったり、対戦も何度かある中で、プロの世界で組めるなら光栄ですし、その時を思い出しながら新しい自分を見せながらやっていきたいと思います」

甲斐選手とのポジション争いは…

正捕手の甲斐選手とのポジション争いについては…

嶺井選手「学年は一つ下なんですけど、ずっとホークスでレギュラーをはっていますし、ジャパンにも選ばれて経験豊富なので、色々学びながらやっていきたいと思いますけど、勝負の世界なので自分らしさをアピールして勝負していけたら」

育成契約で入団の渡邊佑樹投手

そして、楽天を戦力外となりホークスに育成契約で入団した渡邊佑樹(わたなべ・ゆうき)投手。貴重な左の中継ぎ候補は嘉弥真投手を目標に、まずは支配下登録を目指します。

渡邊佑樹投手「左のサイドということで、嘉弥真さんのように1ポイントでも1イニングでも左をしっかり抑えていくっていうのが、僕の持ち味であり与えられる仕事でもあるので、そこはしっかりこなしたい」

火曜ドラマ『君の花になる』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE