ホークス柳田が“ギータ節”で指導 甲斐野選手は忘れ物で…「ベースボールキッズ」

ホークスのベースボールキッズ。27日は、柳田選手がギータ節で子ども達を指導しました。

ユニフォーム忘れ「手書き」で…

九州・山口など11の会場で開催されたホークスの野球教室=ベースボールキッズ。佐賀県武雄市の会場には柳田選手や甲斐野投手らが参加しました。
ところが、ひとりだけ違うユニフォームの選手が・・・

甲斐野選手「え~っと、ユニフォームを忘れてきてしまいました」

ドームに忘れてきたしまったという甲斐野投手、背中には手書きで「KAINO 20番」と書き込まれていました。

甲斐野選手「近いわ~ほんまに。ギータさん撮ってください、ほんまに、ほんまにすんません。」

それでも仕事はバッチリこなします。コロナ禍によって、過去2年はオンラインでの開催、3年ぶりに直接子ども達と過ごす時間です。

“ギータ節”で打撃指導

また、柳田選手はバッティング指導、子どもたちに極意を伝えます。

柳田選手「バッティングは…遊びなんで、遊びで、楽しく打ってください。オッケーですか?気持ちよく振る、OK?こんな感じで」

子ども「はい」

柳田選手「おお上手や、ナイス」

そんなギータがスイングを披露します。

柳田選手「しっかり、真っ直ぐ。わかる?」

子ども「すごかったです。楽しかったっす。めったに会えないいろいろな選手に会えて、話もできてよかった」

柳田選手「久しぶりだったので、自分の子どもと同じくらいの子どももいましたし、楽しくできました。子どもって元気だなと、改めて感じましたね、パワーを感じました」

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE