PageTopButton

路側帯が駐輪場に……駅前の道路で40年近く続く“違法”状態 代替地は見つからず

ニュースR調査班調査報道

【R調査班】交通を妨げる違法駐輪。福岡県久留米市で、自転車の違法駐輪が長年にわたって慢性化し、通行の妨げになっています。市民からは声が上がり続けていますが、なぜ、根本的な解決に至っていないのでしょうか。


◆歩行者が歩く「路側帯」が駐輪場所に
RKB永牟田龍太「西鉄宮の陣駅すぐそばの道路です。反対側の白線の内側には自転車がずらりと並んでいます、その数、数百台はあるでしょうか」

道路上にずらりと並ぶ自転車。その数は、多い時で250台を超えるといいます。止められている場所は、歩行者が歩く「路側帯」の部分で、違法に止められた自転車が、通行の妨げになっています。道幅は車2台がようやく通れるほどで、自転車の横を歩く歩行者の脇スレスレを、車が縫うようにして走っていきます。

近所の人「危ないですね。ここ、車の通りが多いんですよ。用心して、端を通ってる」「雨の日が特に危ないんですよ。歩行者の傘に(自動車が)当たって、心配」

ただでさえ交通量が多い道路を、歩行者は違法駐輪している自転車を避けながら、車道上を歩かなければなりません。

RKB永牟田龍太「私の横をすり抜けるように通っていきます。大きめの車だとかなりギリギリを通っていきますね」


◆「ここに止めていいのかなと思って」
この場所に自転車を止めているのは、どんな人たちなのでしょうか。午前8時すぎ、駅から出てきた大勢の人たちが一斉に自転車に向かいました。高校生や大学生が多いようです。道路は、自転車で通学する人たちで混雑し、かなり危険な状態です。

危険な状況を生み出している違法駐輪、自転車の利用者に違法という自覚はあるのでしょうか。

Q.駐輪場じゃないことを知っていた?
「知らない。みんなが止めててここに止めていいのかなと思って」「そうなんですか。知らなかった。(正規の駐輪場は)見たことはあるけど使ったことはない。急いでいる時、こっちの方が近いから止めたくなる」「いつもみんな使っているので、そういうものなのかなと思ってました」

近所の人「昔からそうです。高専とか学生さんとか、ずっとここに止められてるので。朝学生さんがバーッと来られる時はひどいことになってました」
Q.できれば他のところに動かして欲しいと思いますか?
「思うけどね……駐輪場がここにはないもんね、向こう側にはちょっとあるけどね」


◆正規の駐輪場だけは受け入れできない駐輪台数
駅の近くには、駐輪場が整備されています。使用状況を見てみると……。

RKB永牟田龍太「空いているスペースもありますが、違法駐輪で止まっている自転車をこちらに全て止めるのは、少し難しそうです」

この駐輪場の収容台数は170台程度、道路上に違法駐輪している200台以上の自転車をすべて受け入れることは不可能です。この状態は、いつごろから続いているのでしょうか。

久留米市交通政策課 田中吉成主幹「過去さかのぼって記録を見る限りでは、昭和60年代くらいから止めているんじゃないか。道路敷地内ということを考えれば、違法というふうには捉えている」


◆なぜずっと放置されている?
40年近くも続いているという違法駐輪。久留米市はなぜ、違法と認識していながら放置しているのでしょうか。

久留米市交通政策課 田中吉成主幹「宮の陣駅周辺で、駐輪場として整備するのに適切な土地がないか検討していますが、現状としては土地が見つかっていないので、今止めさせているところの整備に努めている」

久留米市は特に混雑する朝と夕方に、車道にはみ出した自転車を整列したり、長期間放置された自転車を撤去したりしています。また、駅周辺に駐輪場を整備できる土地を探しているものの、候補地は見つかっていないということです。西鉄も「今後駐輪禁止の看板を立てるなど、市と検討していく」と、抜本的な解決策はありません。久留米市の駅周辺で40年以上続く違法駐輪、解消する日は訪れるのでしょうか。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

R調査班

もっと見る