新 窓をあけて九州

日曜 10:00
牛はつま先からはじまる

牛はつま先からはじまる

「牛は、つま先からはじまる」という言葉があるそうだ。牛にとって蹄は、第二の心臓。蹄が伸び過ぎると立ち姿が悪くなり、病気になったりする。その蹄を手入れする大切な仕事が、削蹄師だ。藤本広志さん(19)は、ことし農業高校を卒業し、削蹄師の道へ飛び込んだ。藤本さんは、牛が大好きだ。幼い頃から、近所の繁殖農家に通い、見よう見まねで、牛の世話をしていた。その体験が、削蹄師への道を目指す一つのきっかけになった。長崎県内でも削蹄師は、数少ない。藤本さんは、師匠の装削蹄師(牛と馬のアシのスペシャリスト)龍田太朗さんに弟子入りし、修業に励んでいる。仕事は、体力勝負だ。牛をロープで縛り、足を持ち上げ、蹄刀で、素早く蹄を削る。牛に負担をかけてはいけない。修業は、まだ始まったばかり。師匠とともに、ワンボックスカーに道具一式を積み、長崎県内はもちろん、九州一円の畜産農家をまわっている。何よりも重要なのが、経験と勘。師匠の技を盗みながら、12月に予定されている、牛削蹄師の資格試験に挑む。目立たないが、無くてはならない仕事、削蹄師。19歳の少年を追った。
(製作:NBC長崎放送 / 増田 照久)

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.10.02
  • ビジネス
  • テレビ
2022.09.25
  • ビジネス
  • テレビ
2022.09.18
  • ビジネス
  • テレビ
2022.09.11
  • ビジネス
  • テレビ
2022.09.04
  • ビジネス
  • テレビ

番組SNS

  • Facebook
番組
SNS
  • Facebook