世界一の九州が始まる!

日曜 10:15
  • Facebook

食卓に笑顔を!老舗製麺店が作るグルテンフリー麺

宮崎県の最南端 串間市。海と山に囲まれた自然豊かなこの土地に、創業70年を超える老舗製麺店「川北製麺」はあります。スーパーで販売するラーメンなどの惣菜商品や、病院・学校などへ卸すための業務用麺など、小麦粉の味を大切にした様々な麺を製造しています。

そんな川北製麺が2019年から販売を開始して、全国から注文されている人気の商品があります。それが「美人麺(べっぴんめん)」という、小麦粉を一切使わず、小麦アレルギーの人でも食べられるグルテンフリー麺です。この「美人麺」を開発したのが、3代目社長の有田豪さん(40)。自身は大阪出身ですが、2005年に奥さんの実家である川北製麺を継ぎました。

有田さんが作るグルテンフリー麺の特徴は食感。グルテンフリー麺は粘りを生むグルテンを使っていないため、一般的にボソボソとした食感のものが多い中、川北製麺の「美人麺」は小麦を使った麺と遜色ないほどツルツル!モチモチ!としています。

「アレルギーの人も家族と同じ料理を食べられるようにしたい」と言う有田さん。現在では海外にも輸出を始めている「美人麺」。食卓に笑顔を届けるグルテンフリー麺の美味しさの秘密に迫ります!

■取材先
会社名:株式会社川北製麺
担当者:有田 豪(ありた・ごう)
住所:宮崎県串間市西方4655-2
電話:0987-72-0184
HP:https://www.kawakitamen.co.jp/

取材後記

私が初めて食べた川北製麺の商品は「冷やし中華」でした。米粉のパンはたまに口にすることはありましたが、食べるたびに「なんか違うな・・・」という思いでした。冷やし中華を作り、そこまで期待せずに口に運んだのですが、「えっ!?これ本当に米粉?うまい!!」というのが正直な感想でした。

川北製麺のグルテンフリー麺は、3代目社長の有田豪(ありた・ごう)さんが2019年に開発しました。取材に行くたびにグルテンフリー麺の魅力を熱く語る有田さん。 そのグルテンフリー麺を取り扱うバイヤーの方とお話しする機会があり、「何故、川北製麺の商品を選んだんですか?」と聞くと、「グルテンフリー麺の味はもちろんですが、有田さんの人柄です。一緒にやってみたいと思わせてくれるんですよ」と話されていました。

これからも、その人柄と味で色んな人たちをグルテンフリー麺の虜にして、いつか必ず世界中の食卓へと笑顔を届けられると思います。

担当:MRT宮崎放送 濵田 紘仁
SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容