PageTopButton

43年前の開通以来初めての大規模改修工事~“福岡の大動脈”都市高速道路通行止めの影響は

ニュース交通

三浦良介

福岡都市高速では開通以来初の大規模な改修工事が行われています。広い範囲で渋滞が予想されていて、市民生活や流通などに影響が出る可能性があります。

24時間態勢で10日間~福岡都市高速道路で改修工事

[object Object]
[object Object]

大規模な改修工事が行われているのは、福岡都市高速・環状線外回り千鳥橋ジャンクションから呉服町出口までのおよそ1キロです。天神方面からこの区間へは終日通行止め。香椎方面からは空港・太宰府方面へ通行できますが、呉服町出口が利用できません。20日の朝は午前8時40分ごろに東浜から百道まで最大6キロの渋滞が発生しました。福岡北九州高速道路公社は「雨が降った日と同じ程度で混乱は少なかった」としています。工事は今月18日から28日午後0時までの10日間、24時間態勢で行われています。

コンクリートの経年劣化した部分を補修~1980年の開通以来初めての大規模改修工事

RKB三浦良介「コンクリートが損傷していないか確認するために、アスファルトを削る作業が行われています」

福岡北九州高速道路公社 二村大輔 保全課長
「崩れて土砂化してしまったら、アスファルト舗装自体が下がって路面にも影響が出てしまう。傷んでいるところを取って改めてコンクリートで戻す」

経年劣化した部分の補修や舗装の全面打ち換えなど全線通行止めにしての大規模な改修工事は1980年の開通以来初めてです。

二村大輔 保全課長
「こちらの区間は交通量が非常多くて、周辺にマンション等が建設されています。騒音・振動の配慮も必要になってきますので、今回、終日通行止めの短期集中工事を行うこととさせていただきました」

1日約18万台が通行する“大動脈”~通行止めは運送業などに影響も

1日あたりおよそ18万台が通行する福岡都市高速道路。通行止め期間中のサービスとして、東浜、箱崎、天神北の出口から出て、3時間以内に東浜、箱崎、千代、半道橋の入口で乗り継いだ場合は料金がかかりません。福岡北九州高速道路公社は朝夕の渋滞のピーク時を避けた利用や、環状線内回りでの迂回を呼びかけていますが、運送業などに影響が出ています。

運送業のトラック運転手「渋滞で仕事が遅れる」

別の運転手「迂回して他の出口から回ったりするので、そこが渋滞するので、荷物の延着とか、かなり影響は出てくると思います」

また、高速道路を走る西鉄バスも迂回ルートで運行するため、ダイヤの乱れが生じる可能性があるほか、迂回する車によって、国道3号など一般道路も渋滞するため
タクシーの配車に時間がかかる場合があるということです。

西日本自動車本社営業所 本多正典 営業二課長「東区の方に抜けるのがやっぱり厳しいかなという感じで、基本的に配車ができない状態。空港に向かう時とか、通常よりも15分以上かかってしまうと思う」

福岡の経済を支える福岡都市高速の通行止め。工事完了は28日の予定です。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

この記事を書いたひと

三浦良介

1999年入社、テレビ営業部、大阪支社勤務を経て2011年から情報番組のディレクターを務める。2016年から報道記者として政治・経済を中心に取材奮闘中。

ニュース

もっと見る