PageTopButton

問われる市長の認識 職員が申し立てた“パワハラ疑惑発言”に 「相手が(パワハラと)とらなかったらどうなるの?」

ニュース政治・行政

福岡県宮若市の塩川市長が、部下にパワハラ行為と疑われる行為をしていたとして、複数の職員が市の公平委員会に改善を申し立てた問題。塩川市長は一連の発言についておおむね認めています。一方で、パワハラについての認識を問われると「相手次第」とも受け受け取れるあいまいな発言に終始しました。

声を荒げる市長 ドライブレコーダーが記録


車の後部座席に座って声を荒らげているのは宮若市の塩川秀敏市長。ドライブレコーダーの動画には今年4月公務として出張した際に運転手を兼ねて同行した職員を叱責する様子が記録されています。

ドライブレコーダー
市長「運転手やったら自分のスマホ見るんか」
職員「すみません」
市長「すみませんですむか!」

職員に「耐えきらんかったら辞めろ」


塩川市長は、今年9月ほかの職員に対しても・・・

記録された音声
塩川市長
「今失敗してガンガン言われた方が良い」
「それに耐えきらんかったら辞めろ」
「この役を務まらん奴は辞めるしかなかろう」

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」

ニュース

もっと見る